top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「うちの養子に来るか?」15歳で単身渡米した異色のボクサー、中谷潤人を支える「もうひとつのファミリー」

週プレNEWS


ロサンゼルスでトレーナー、ルディ・エルナンデスの指導を受ける中谷潤人(M.Tボクシングジム提供)

現在、日本ボクシング界は7人の世界王者がひしめき、さらにこれから世界を狙う逸材も豊富にそろうなど、黄金期ともいえる時代だ。そんな中、異色のボクシング人生を歩んできたのが、2月24日(東京・両国国技館)、バンタム級に転向して世界3階級制覇に挑む中谷潤人(じゅんと=26歳、M.Tボクシングジム)だ。

中学卒業と同時に単身渡米し、今も日本とアメリカを行き来してトレーニングを積む中谷に、昨年末から密着取材した。(全5回の3回目)

■「なぜ高校に通っていないのか?と……」

2024年1月3日、ふたたびM.Tボクシングジムを訪ねた。中谷は元日のみオフを取り、2日からさっそく練習を再開していた。

1月2日は中谷の26回目の誕生日。家族全員で近所の二本松八幡宮に初詣に出かけたそうだ。拝殿の前で手を合わせ目を閉じた。次戦の勝利をお願いすることはなかった。今日までボクシングを続けられていることへの感謝。ただそれだけを伝えた。

広告の後にも続きます

元日に発生した能登半島地震で、多くの被害、犠牲者が出たことに胸を痛めた。スパーリングパートナーとして来てくれていた、金沢市にあるカシミボクシングジムの英洸貴(はなぶさ・ひろき)の安否を確認し、胸をなでおろしたという。

「新年早々、思いも寄らない大きな災害が起きて大勢の尊い命が奪われた。今、自分が生かされていることは当たり前ではないと、あらためて意識しました。穴口(一輝)選手の事故(昨年12月26日の試合後に倒れ、2月2日に死去)もそうですが、ボクシングは命に関わる危険なことがいつ起きてもおかしくない。今生かされていることに感謝して、今できることを一生懸命取り組むことを大切にしたいと思いました」

3階級制覇がかかる次戦まで2ヵ月弱。中谷はこの翌日、ルディ・エルナンデスの待つロサンゼルスに向かい、1ヵ月間の合宿生活に入った。

およそ10年前。最初の恩師、石井広三の急逝後、中谷は新たな指導者を求めて渡米しようと考えた。KOZOジムに通っていた頃、在籍していたプロ選手がロスで合宿していたことを思い出し、「世界チャンピオンになる目標を最短で叶えるには、ボクシングの本場で修行するのが一番」と思い立ったのだ。

両親を説得し、最初は石井も現役時代に師事したマック・クリハラトレーナーの下で3週間指導を受け、現地でアマチュア大会にも出場し勝利した。その後、伝手を頼り紹介してもらったのがルディ・エルナンデスだった。

世界最高のカットマンとして有名なルディは、トレーナー、コーチとしても数々の世界チャンピオンを育ててきた。竹原慎二や畑山隆則ら、有名無名問わず、日本からもこれまで大勢のボクサーがルディの指導を求めてやってきた。ただし、プロテストも受けられない15歳という若さで弟子入りを熱望し、海を渡ってロスまで訪ねてきたのは、後にも先にも中谷だけだった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル