top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ウーバーイーツの配達で遭遇した、想像の斜め上をいく想定外の出来事【チャリンコ爆走配達日誌】

週プレNEWS


ウーバーイーツの配達中、想像の斜め上をいく出来事に遭遇することがたまにあります

連載【ギグワーカーライター兼ウーバーイーツ組合委員長のチャリンコ爆走配達日誌】第37回

ウーバーイーツの日本上陸直後から配達員としても活動するライター・渡辺雅史が、チャリンコを漕ぎまくって足で稼いだ、配達にまつわるリアルな体験談を綴ります!

* * *

先日、東京ドームで行なわれた「オードリーのオールナイトニッポン」のイベントのふたりのフリートークゾーンで、若林さんがこのイベントのためにウーバーイーツの自転車配達員として50回以上配達したことを告白。置き配にするべきかどうか迷った話など、配達中に困ったエピソードを語っていました。この連載でもこれまで、困った話をいろいろと書いていますが、今回はそのなかでも特殊なもの、想像の斜め上をいくような出来事に遭遇してしまった話を紹介します。

広告の後にも続きます

まずは、最近体験した話。

とある酒屋さんから運んだのは、網状の発泡スチロールにグルグルとくるまれた木箱。私は酒を飲めないので、配達員用のアプリに表示されている商品名を見てもピンと来なかったのですが、店員さんから受けた配達する際の注意を聞くと、どうやらものすごく高価なワインのようです。

リュックに入れ、木箱を倒さないよう慎重にワインを運んで目的のマンションへ。建物の入口でインターホンを押すと、スピーカーから女性の声。いつものように「お待たせしました。ウーバーで参りました」と言うと……。

「頼んでないです」

一旦「すみません。インターホンを押し間違えました」と言って会話を終了。再度、住所と部屋番号を確認しましたが、配達先は押し間違えた部屋で合っています。そこで再び押すも。

「頼んでないです」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル