top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

世界の海を1万本以上潜った日本人女性のセカンドライフ『旅人マリーシャの世界一周紀行』第369回

週プレNEWS


大好きなメキシコ・カンクンにて。海はキレイでタコスは安い

前回に続き「世界で活躍する日本人女性のその後」の第2弾、今回はメキシコのリゾート・カンクンでの出会いから。

* * *

世界一周の出発と同時に開始したこのコラムもついに10年。海好きの私は旅の裏テーマに「世界の美しい海を発信したい」という思いがあったが、旅をしている中で「本当の海好きとはこういう人」と思う人に出会い、ビーチの波打ち際でパチャパチャやってる自分が海を語るには100年早かったなと思い知る。


メキシコ・カンクンのビーチ

■メキシコ・カンクンで出逢ったダイビングインストラクターの茂手木聡子さん

広告の後にも続きます

2016年、私がメキシコ・カンクンで海底美術館(MUSA)のツアーに参加すると、ダイビングインストラクターは茂手木聡子さんという日本人女性だった。彼女はカンクン在住で、私のような旅人を海の世界へ連れて行ってくれるエキスパートだった。


海底美術館MUSAは珊瑚を破壊から守るために始まったプロジェクト


トロピカルなお魚もわんさか

出会った時の印象は、カンクンの強い日差しに焼かれた小麦色の肌と日々の泳ぎで鍛えられ引きしまった身体が、

「か、かっこいい……!」

その筋肉美となんならお顔も素敵で、海に潜れば泳ぎのしなやかさと頼り甲斐に「惚れてまうやろー!」と思った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル