top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

天皇陛下 開催発表は異例の17日前…一般参賀ご決断にあった「雅子さまのご説得」

女性自身

「お体を大切に」「お仕事はいかがですか」などと、高齢の出席者たちに声をかけられた天皇陛下と雅子さま。陛下が腰をかがめ、両手で優しく女性の右手を包み込まれると、女性はうれしそうにほほ笑んでいた。

 

「天皇皇后両陛下は2月13日、皇居・宮殿で厚生労働大臣表彰の障害者自立更生者やその支援者たちと面会されました。両陛下は、出席者のもとに歩み寄り、着席したままお話しするよう促されたのです。

 

あくまで“国民ファースト”を貫く、お二人のお気持ちが伝わってきました。この1週間前の2月6日、宮内庁は、天皇陛下のお誕生日である2月23日に一般参賀を開催すると発表しました。陛下と雅子さまが熟慮を重ねたうえ、決断されたのです」(皇室担当記者)

広告の後にも続きます

 

1月1日、能登半島地震が発生し、翌日に予定されていた新年一般参賀は中止となった。

 

「一般参賀のために、すでに上京していた人々もいたと思われます。そのため陛下が参賀者の前で述べられるお言葉を練り直して開催することも検討されていたそうですが、中止となりました。

 

地震発生以来、天皇陛下と雅子さまは被災地に関するニュースや情報を常に注視し、胸を痛められています。震災前はご一家が、4年ぶりに大相撲初場所をご覧になる計画もあったそうですが、すぐにとりやめられました」(前出・皇室担当記者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル