top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

雅子さま “じい”のあだ名の由来にもなる溺愛ぶり…天皇陛下と育まれた盆栽愛27年

女性自身

天皇陛下と雅子さまは、2月16日、東京都美術館で開催中の「第98回国風盆栽展」をご覧になった。愛子さまも同行され、1934年から続く国内最古の公募により出展された盆栽などを鑑賞された。

 

「天皇陛下は『国風賞』に選ばれた推定樹齢400年の『真柏』という種類の盆栽を前に、担当者に細かい箇所まで質問されておりました。ご一家で会話されながら、盆栽にお顔を近づけて枝ぶりなどをご覧になるなど、楽しまれていたようです」(宮内庁関係者)

 

じつは、天皇陛下の“盆栽愛”は中学生以来なのだという。初等科時代からのご学友はこう明かす。

広告の後にも続きます

 

「中等科のころ天皇陛下は盆栽がお好きで、それが“じい”というあだ名の由来になったというエピソードがあります。

 

ある演奏会で『G線上のアリア』を演奏された天皇陛下が、私たちに『最近盆栽に凝っているんだ』とおっしゃったことがあったのです。友人の一人が『それじゃ、じいさんだね』と応じると、陛下が『だから、じいさん(G線)上のアリアなんだよ』とお答えになって、みんなで大笑いしたことがありました。

 

学校内の植木や盆栽を見てよく枝ぶりを褒められていましたし、そのころから関心を強く持たれていたのだと思います」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル