top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

山積みのマイナス材料を乗り越えるために必要な「逆襲の一手」を総力検証! 開戦2年、ウクライナにまだ「勝利への道」はあるか?

週プレNEWS


2月8日に軍総司令官を交代させたゼレンスキー大統領。昨年秋からメディアを通じて、現状の厳しさを率直に認めるザルジニー前総司令官と、前向きに成果を強調するゼレンスキー大統領とのスタンスの違いは表面化していた

「ウクライナはどうすれば勝てるか」が盛んに議論されていた1年前とは大きく変わり、今や「今年は我慢の一年」「領土の一部を諦めての停戦もやむなし」といった厳しい声も聞こえる。しかし、このままでは侵略国ロシアが笑う最悪の結末が待つ。勝利のための「逆襲の一手」を徹底的に検証した!

* * *

■大きくずれてしまった軍の事情と政治の事情

2022年2月24日にロシア軍(以下、露軍)がウクライナ侵攻を開始してから間もなく2年。最初の1年は目まぐるしく戦況が動き、ウクライナ軍(以下、ウ軍)の大攻勢による領土奪還の動きもあったが、次の1年はウクライナにとって「停滞」だったと言わざるをえない。

その象徴が、ウ軍が昨年6月に開始した反転攻勢作戦の失敗だ。元米陸軍大尉で、現在はミリタリーアドバイザーとして頻繁に渡欧している飯柴智亮(いいしば・ともあき)氏が解説する。

広告の後にも続きます

「大きな理由のひとつは、欧米からの武器支援のタイミングがバラバラだったことです。あれだけ兵器や弾薬を供給されてなぜ勝てないのかと思う人もいるかもしれませんが、軍隊は統率されたオーケストラのような組織で、最も重要なのはC2(指揮統制)です。

各楽器を『はい、バイオリン』『はい、ビオラ』などとバラバラに提供されても、交響曲を演奏できないのと同じことです。しかも、その状況にウクライナの汚職体質が輪をかけてしまった部分もあります」

また、戦術面でもかみ合わなかった。元陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見 龍(ふたみ・りゅう)氏(元陸将補)は次のように分析する。

「昨夏の反転攻勢に際し、米軍はザポリージャ戦線から南進してアゾフ海に達する一点突破の攻撃軸に兵力を集中する作戦を提案しました。

しかし、露軍が侵攻開始時に多方面から同時攻撃を仕掛けたのを見てもわかるように、旧ソ連の軍事文化には兵力を分散させる傾向がある。ウ軍にもそれが残っているのか、東部を含む数ヵ所で反撃を開始した結果、本命の攻勢も失敗に終わってしまいました」

そして、ついにウクライナ内部の不協和音も表面化した。ゼレンスキー大統領が2月8日、軍トップのザルジニー総司令官を解任したのだ(後任はシルスキー陸軍大将)。かつて航空自衛隊那覇基地302飛行隊隊長を務めた杉山政樹氏(元空将補)はこう語る。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル