top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

日本代表のアジア杯惨敗に、セルジオ越後「森保監督は人柄も良いし、僕も応援しているけど、シビアに結果で評価すべき」

週プレNEWS


「勝てば天国。負ければ地獄。監督という職業はそういうもの。親善試合ならともかく、大会で負けているのにドンマイドンマイではダメだ」

思っていたほど強くなかった。謙虚にそう受け止めるしかない。

日本代表がアジア杯(カタール)のベスト8で敗退した。最後に日本が優勝したのは11年大会。もう13年も前の話だ。そろそろ勝つところを見たかったし、とにかく残念だ。

ベスト8のイラン戦は完敗だった。先制点を奪ったものの主導権を握れず、後半10分に同点に追いつかれると、その後はボール際に激しく、ロングボール、ロングスローと力ずくのサッカーを仕掛けてくる相手に押し込まれた。

森保監督は次々に選手交代のカードを切ったけど、狙いがわかりづらく、流れは変えられなかった。

広告の後にも続きます

三笘、板倉が万全の状態じゃなく、伊東がプライベートの問題でチームを去り、旗手はベスト16でケガ。アクシデントが重なったとはいえ、選手層の厚さもまだまだ十分でなかったということ。相手のイランもダブルエースの一角、タレミが出場停止だった。

もっとも、そのイラン戦に限らず、大会を通して日本のデキは良くなかった。「いい守りからいい攻撃を」と言っていたのに5試合すべてで失点(計8失点)。相手がよく研究してきたとはいえ、サイドからの揺さぶり、セットプレーを含めてクロスへの不安定な対応が目立ったね。「中東勢のレベルが上がった」と言う人もいるけど、僕はそうは思わないし、何の慰めにもならないよ。

日本が負けたイラクもイランも、ただ引いて守るだけのチームではなかった。それぞれ前線にはフセイン、アズムンというエースがいて、攻撃の切り札になっていた。彼らを生かすためのチームとしての形があった。

優勝したカタールもそう。大会MVPと得点王に輝いたアフィフなんてスゴかったよね。ドリブルでガンガン仕掛けて、決定力も高かった。韓国のソン・フンミンもそう。チームはベスト4で負けたけど、誰が見ても納得の働きぶりだった。

翻って、今回の日本のエースは誰? 奮闘していた堂安、ファンの期待の大きかった久保、そもそもそういう選手を生かす戦術がなかった。ローテーションを優先するから、ベストメンバーもわからないし、選手は自分の持ち味を発揮しにくかったと思う。もっと先発を固めたほうが良かった。

その意味で森保監督の責任は大きい。ただ、それでも彼を批判する声があまり目立たないのが実に日本らしいね。代表チームの勝ち負けに関心を持つライト層が減ってしまったのかなと心配にもなるよ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル