top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

球界から“追放”…プロ野球を失格処分となった歴代選手6人。厳罰が下された元NPB戦士たち

ベースボールチャンネル

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 長い歴史を持つプロ野球の世界では、許されざる行為を行った結果、どの球団でもプレーできない「失格選手」となったプレーヤーが存在。決して数は多くないが、不名誉な形で球史に名が刻まれることとなった。ここでは、日本野球機構(NPB)からを失格処分を受けた歴代選手を紹介する。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。

 

笠原将生


投打:右投右打
身長/体重:191cm/95kg
生年月日:1991年1月9日
経歴:福岡工大城東高
ドラフト:2008年ドラフト5位
 
 野球賭博問題が取り沙汰されるきっかけを生んだのが、読売ジャイアンツでプレーした笠原将生だ。
 
 笠原は福岡工大城東高校出身。入学当初は内野手だったが、1年秋からピッチャーに転向。甲子園出場こそ果たせなかったものの、巨人からドラフト5位で指名を受けて入団した。
 

 
 高卒4年目となる2012年に一軍デビューを飾ると、同年にプロ初勝利を記録。翌2013年には自己最多の30試合に登板し、防御率3.33と一定の成績を収めた。
 
 しかし、翌年以降は成績が下降すると、2015年に野球賭博を行っていたことが発覚。野球界にとどまらない衝撃の出来事だった。
 
 事態を重く見た巨人は、笠原との契約解除を決定。その後、NPBから無期失格処分となることが発表された。
 
 巨人には制裁金1000万円が科されたように、野球界を揺るがす大騒動を引き起こしたことは、疑う余地のない事実だった。

永易将之

投打:右投右打
身長/体重:175cm/73kg
生年月日:1942年1月1日
経歴:大工大高 – 電電近畿
 
 大きな社会問題となった「黒い霧事件」に関わっていた選手が、永易将之だ。
 
 永易は大阪工業大学高校から電電近畿(現:NTT西日本)に入社。都市対抗野球で活躍したのち、東映フライヤーズ (現:日本ハム)に入団した。
 

広告の後にも続きます

 
 1965年は40試合に登板して10勝、防御率1.93をマーク。しかし、その後は成績が振るわず、苦しいシーズンが続いた。
 
 1968年から西鉄ライオンズ(現:西武)に移籍し、移籍1年目は35試合に登板。翌年も32試合に登板する働きを見せていたが、シーズン終了間際になって、永易が八百長に関わっていることが発覚した。
 
 いわゆる「黒い霧事件」の始まりであり、永久追放処分を受けることに。最終的に現役としてプレーした期間は6年間。あまりに大きなインパクトを球界に与え、野球界から姿を消していった。

バール・スノー

投打:右投右打
身長/体重:183cm/85kg
生年月日:1945年2月9日
 
 バール・スノーは現役時代の張本勲が絶賛するほど、活躍を予感されていた選手だった。
 
 アメリカ合衆国出身のスノーは、シンシナティ・レッズ傘下で2年間プレー。ただ、目立った成績を残すことはできず、日本でのプレーを希望して来日した。
 

 
 1974年に日本ハムファイターズの入団テストを受け、3月26日に加入が決定。エースナンバーの背番号「18」を与えられたように、球団から大きな期待を受けていた。
 
 しかし、二軍での登板を告げられた4月25日に突如失踪。球団の捜索でも見つからず、4月30日に日本ハムから契約解除が申請された。
 
 その後も行方不明の状態が続いたこともあり、1974年5月、NPBはスノーを失格選手とした。結局、1試合もマウンドに上がることなく日本球界を去るという、前代未聞の終わり方となった。

高木京介


投打:左投左打
身長/体重:183cm/90kg
生年月日:1989年9月5日
経歴:星稜高 – 国学院大
ドラフト:2011年ドラフト4位
 
 2023年限りで現役を引退した高木京介。野球賭博への関与で一度は失格処分を受けたが、異例の球界復帰を果たしている。
 
 星稜高校では、3年夏にエースとして甲子園に出場した高木。その後は国学院大学に進学し、1年秋からリーグ戦に登板。“戦国東都”で1部リーグ通算9勝、防御率2.21の実績が評価され、読売ジャイアンツからドラフト4位指名を受けた。
 

 
 プロ1年目から中継ぎで開幕一軍入りを果たすと、34試合登板で防御率0.57と新人らしからぬ安定感を発揮。その後もブルペン陣の一角を担い、一軍初登板からの117試合連続無敗という新記録を樹立した。
 
 しかし、2016年のシーズン開幕前に野球賭博への関与が発覚。この事件では計4選手がNPBから処分を受けたが、高木以外の3選手が無期失格処分だったのに対し、高木は1年間の失格処分が下された。
 
 これを受けて球団から契約解除が通告されたが、期間を満了した2017年3月に育成選手として巨人と再契約。翌年に支配下復帰を果たすと、2019年にはキャリアハイの55試合に登板するなど、プロの世界で再び躍動した。
 
 その後はけがに苦しむシーズンもあり、2020年、2022年オフにも育成落ちを経験。その度に支配下へ返り咲いたものの、昨季はわずか1試合の登板にとどまったことで戦力外通告を受け、現役引退を決断した。

高山忠克

投打:右投右打
身長/体重:177cm/79kg
生年月日:1944年5月18日
経歴:作新学院高
 
 高卒2年目で十分な成績を収めながら、詳細が分からない形で球界から消え去った高山忠克も、プロ野球界から失格処分を受けた。
 
 作新学院高校でプレーした高山は、2、3年時に選抜甲子園へ出場した。
 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル