top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

2024年度プロ野球出身社会人チームランキング 最多はトヨタ自動車

SPAIA

トヨタ自動車が11人でトップ

2024年の日本プロ野球界に最も多くの現役選手を輩出している社会人チームはどこだろうか。出身チームをランキング形式で紹介する。


最多は11人のトヨタ自動車(豊田市)。大学ランキング最多の明治大の26人や高校ランキング最多の大阪桐蔭の21人に比べると少ないが、それでも社会人野球でプレーする人口を考えると相当な人数だ。

2位はENEOS(横浜市)と大阪ガス(大阪市)が9人で続き、JR東日本(東京都)と日本生命(大阪市)が7人で4位タイ。6位タイはHonda鈴鹿(鈴鹿市)とNTT西日本(大阪市)が6人で並び、日立製作所(日立市)が5人で8位となっている。

9位には日本通運(さいたま市)、Honda(東京都)、NTT東日本(東京都)、三菱自動車岡崎(岡崎市)が4人で並んでいる。では、チーム別に見ていこう。

1位:トヨタ自動車11人

1位は2023年の都市対抗で優勝したトヨタ自動車で、現役プロ選手は11人となっている。最年長は今年39歳の荻野貴司(ロッテ)。2009年ドラフト1位で入団してロッテひと筋にプレーを続けるベテランだ。

今年37歳の祖父江大輔は愛知高、愛知大、トヨタ自動車、中日ドラゴンズと愛知県ひと筋。チームメイトの木下拓哉もトヨタ自動車OBだ。

WBCでも活躍した球界屈指の名ショート・源田壮亮は31歳。1学年下の藤岡裕大は源田がいたため、トヨタ入社後の1年間はショートから外野に転向した。 ほかにも2021年の新人王・栗林良吏(広島)や2023年ドラフト2位でヤクルト入りした松本健吾ら実力派が揃っている。

2位:ENEOS 9人

2022年の都市対抗で優勝したENEOSは9人で2位タイ。旧日本石油出身の大久保秀昭監督が復帰して再び地力を強化している。

最年長の嘉弥真新也は八重山農林高からビッグ開発ベースボールクラブ、JX-ENEOSを経てソフトバンクに入団。今季からヤクルトに移籍した。

高梨雄平(巨人)は糸原健斗(阪神)とENEOSの同期、1歳下に塩見泰隆(ヤクルト)、若林晃弘(巨人)がいる。

2023年ドラフトでは度会隆輝が1位でDeNAに入団。2022年の都市対抗で打率.429、4本塁打の活躍を見せて優勝に貢献した即戦力に期待がかかっている。

2位:大阪ガス9人

2023年の日本選手権で優勝した大阪ガスも9人で2位に並ぶ。最年長は岡田雅利。大阪桐蔭高時代に中田翔とバッテリーを組んだ右打ちの捕手だ。

近本光司は兵庫・社高から関西学院大を経て大阪ガスに入社し、2018年の都市対抗で首位打者と橋戸賞を獲得して優勝に貢献。阪神入団後も4度の盗塁王に輝くなど、走攻守でチームを引っ張っている。

小深田大翔(楽天)は2023年に36盗塁でタイトルを獲得。右のスラッガー・末包昇大(広島)も2023年に11本塁打を放って今後を期待されている。

4位:JR東日本7人

広告の後にも続きます

4位は7人のJR東日本。最年長は今年35歳の田中広輔(広島)。西野真弘(オリックス)、東條大樹(ロッテ)がそれぞれ1歳差で続いている。

イケメン右腕として人気の板東湧梧(ソフトバンク)、2桁勝利を挙げて優勝に貢献した伊藤将司(阪神)、左腕からキレの良いストレートや変化球を繰り出す田嶋大樹(オリックス)ら好投手を輩出している。

4位:日本生命7人

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル