top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

カーリング女子初の日本一、「新時代の主役」SC軽井沢クラブは世界ジュニア優勝のエリート軍団

SPAIA

スキップ上野美優はエリートアカデミー1期生

群雄割拠の新時代で名乗りを上げた。2月4日まで札幌市で行われたカーリングの日本選手権で女子のSC軽井沢クラブが北海道銀行を5―4で下して初優勝し、3月の世界選手権(カナダ)に日本代表として出場することが決まった。

2022年北京冬季五輪銀メダルで3連覇を狙ったロコ・ソラーレが2次リーグで敗退する波乱。決勝は3―4で迎えた最終第10エンドに2点を挙げて逆転勝ちする劇的な展開だった。新興勢力として台頭し、初の頂点に導いたのは22歳のスキップ上野美優。将来の五輪選手育成を目指し、8年前にクラブが開校したエリートアカデミーの1期生でもある。

「頼もしいチームメンバーがいたので、信じて投げるだけだった」と大会の公式インタビューで正確なドローショットを決めたラストショットを振り返った上野美優。挑戦者として合言葉「新時代の主役」に一躍躍り出た形だ。2年後のミラノ・コルティナダンペッツォ五輪に向け、着実な成長曲線を描いている。

1998年長野冬季五輪でカーリングが行われた長野県軽井沢町の生まれ。クラブの公式YouTubeによると、上野美優は小学生時代にバレエも経験。同級生の両川萌音がバレエだけでなく、カーリングもやっているので気になり「体験会に妹(結生)と行ったら沼にはまった」と競技にのめり込んだ。

2022年世界ジュニア選手権で日本勢初優勝を遂げたメンバーの中心で、特に予選最終戦のカナダ戦で「ラストロックオープンテイクを投げるときに手だけでなく、体全体が震えた」のが印象に残っているという。

上野姉妹と43歳のベテラン西室淳子

SC軽井沢クラブは上野美優の妹で21歳、リード上野結生もエリートアカデミーの1期生だ。サードの金井亜翠香、フィフス両川萌音、上野姉妹ら20代の若手を、43歳のベテラン西室淳子が経験でチームを支える。 クラブの公式YouTubeによると、上野結生は長野大学で環境ツーリズムを学んでおり、中学時代は陸上部で短距離選手だったという。

セカンド西室淳子は小学生の頃からスピードスケートで五輪を目指し、中学時代にカーリングに転向。ママさんカーラーでもあり、個人として2005年(チーム土屋)、2018年(富士急)に続き3度目の日本選手権制覇となった。チームの精神的支柱でもある。

世界を目指すクラブは8年前にまいた種がこうして大きく花開き、専任コーチの一貫指導の下、トップチームがジュニアを指導、そのジュニアがトップチームになり、地域スポーツの理想型である好循環が生まれている。

世界選手権でも「新時代の主役」になれるか

SC軽井沢クラブは昨年の日本選手権決勝ではロコ・ソラーレに5―7で敗れた。今大会は準決勝で優勝経験のある中部電力を破り、決勝では北海道銀行に競り勝った。

土壇場で逆転勝ちにつなげるチームの根幹にある強さは「明るく楽しむ」というスタンス。スキップ上野美優は自信のSNSで「今まで取り組んできたことに集中し、課題を修正して成長し続けた1週間は本当に楽しかったです」と総括した。

3月の世界選手権でも合言葉の通り「新時代の主役」になれるか。この勢いのまま、挑戦者として世界でも躍進が注目される。

【関連記事】
・カーリングのロコ・ソラーレが日本選手権で11年ぶりに表彰台を逃した理由
・カーリング女子世界選手権の歴代日本代表成績と優勝国、メダル獲得数ランキング
・藤澤五月だけじゃない!カーリング「ロコ・ソラーレ」が筋肉集団である理由

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル