top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「強くなることだけが正義じゃない」 TVドラマ『帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし』の魅力をひも解く

キネマ旬報WEB

累計発行部数170万部を突破した津村マミの人気コミックを横山 裕主演で実写ドラマ化し、2021年4月期にテレビ朝日「オシドラサタデー」枠で同枠歴代最高視聴率を獲得した連続ドラマ『コタローは1人暮らし』。その待望の続編であり、前作から2年ぶりに同枠で放送されるやいなや、川原瑛都演じる小学生になったコタローの成長ぶりと、横山扮する主人公・狩野との変わらぬ名コンビぶりが大いに話題となった『帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし』のBlu-ray BOXとDVD-BOXが、2月21日に発売された。「強くなること」だけを、みずからの正義と掲げてけなげにたくましく生きるコタローと、そんなコタローに振り回されながらも、彼から大きなことを気づかされる周囲の大人たちとの絆を描いた本作。「たとえ強くなれなかったとしても、たまたま隣になった人たちを仲間に引き入れて、共に支え合って生きていけばいいんじゃない?」とのメッセージが伝わってくる。

売れない漫画家のアパートの隣に引っ越してきたのは「殿様語」を話す訳アリの5歳児!?

まずは簡単に前作のおさらいを。子連れ入居禁止の「アパートの清水」の202号室に暮らす売れない漫画家の狩野 進の隣の部屋に、ある日突然「~でござる」「かたじけない」といった「殿様語」を巧みに操る、何やら訳アリな1人暮らしの5歳児(当時)・さとうコタロー(川原)が引っ越してくる。コタローは、「自分が強くなりさえすれば、いつか再び両親と暮らせる日が来るに違いない」と夢を見ているが、実は母親は既に亡くなっており、父親の虐待から逃れるために児童養護施設を出て、「やさしい人からの寄付」という名目で弁護人から毎月手渡される母の保険金で、幼いながらも1人暮らしを強いられていたのだ。

事情を知ってしまった狩野は、あくまで“おせっかいな隣人”としてコタローと接することで、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、イッセー尾形が一人二役で扮するアパートの大家さん夫婦を筆頭に、かなり個性的だが愛情深い「アパートの清水」の住人たちと交流しながら、コタローと共に自らも成長していく姿を描いていく――。

 

小学生になったコタローと「アパートの清水」の住人たちを巡る新たな物語が幕を開ける!

広告の後にも続きます

本作では、アパートの住人のなかで、実は誰よりもしっかりしていながら、時折子どもらしい本音をのぞかせていたコタローが、6歳となり小学校に入学。一方、売れないマンガ家だった狩野もついに念願の初連載が決まるが、幼稚園への送り迎えも、お弁当作りも必要なくなり、1人で立派に小学校へ出かけていくコタローの姿を見ては、ちょっぴり寂しさも感じている。

 

「アパートの清水」の住人に扮しているのは、前作から続投となるお馴染みの面々と、本作から新たに登場する白洲 迅。元キャバ嬢だが今は純喫茶で働く201号室の住人・秋友美月を、山本舞香。コタローを“コタローきゅん”と呼んで溺愛する102号室の住人・田丸 勇役を、生瀬勝久。コタローの児童養護施設時代の親友・岩永 佑を松島 聡が抜群のチームワークで演じているほか、白洲が103号室に新たに引っ越してきた、コタローが目の敵にする謎の大学院生・宇田桃葉として、新たな風を吹かせている。

さらには、前作でコタローの前から姿を消し、帰らぬ人となった母親の和宮小夜梨役として紺野まひるが回想シーンのなかで初登場。また、虐待を理由に逮捕され、コタローへの接近禁止命令が出ている父親役に、コタローが「殿様語」を話す所以ともなっている、彼の大好きな深夜アニメ「とのさまん」で主人公・とのさまんの声優も務める滝藤賢一が扮していることも見逃せない。というのも、物語においては、とのさまんの声を演じているのがコタローの父親と同一人物であることは特に言及されてはいないのだが、本作のエピソードのなかには「とのさまん」を巡って狩野とコタローが交わす、こんなやりとりが登場するからだ。

***
狩野:お前くらいなんじゃないの?「とのさまん」にハマっているの。

コタロー
:わらわは「とのさまん」に面白さなど求めておらぬ。

狩野:
じゃあ、何を求めているんだよ。大体ガキのくせに深夜にアニメなんか。夜更かししてると、大きくなりませんよ~。
***

と、ここで銭湯の柱にかじりついて父親を困らせている少年の姿を目にしたコタローが、すかさず少年のもとへと歩み寄り、「少年、ダメでもヤダでも、そばにいてくれる者がいるではないか。悲しむことはなかろう」と優しく諭した上で、“狩野どの”にこう心情を吐露する。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル