top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

デビュー直後のTWS(トゥアス)が見せた好感度抜群のリアクション!先輩・SEVENTEEN譲りのバラエティ力にも期待

HOMINIS

HYBE傘下レーベルのPLEDIS Entertainmentより、SEVENTEENの”弟分”として1月22日にデビューした6人組グループ・TWS(トゥアス)。

新人ながら日本では別格の注目ぶりで、1月24日に日本発売された1st Mini Album「Sparkling Blue」はオリコン週間アルバムランキング(2月5日付)で3位にランクイン。3月2日(土)には”TGC”こと「第38回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2024 SPRING/SUMMER」で日本初パフォーマンスを披露することが早くも決定するなど、凄まじい勢いを見せている。

もちろん韓国での注目度も高く、デビューアルバムとしての初動売上はK-POPの歴代トップ10入り。デビュー直後となる1月24日には、旬のK-POPアイドルたちがこぞって出演する人気番組「週刊K-POPアイドル#647」にも登場し、SEVENTEEN譲りの”バラエティ力”も存分にアピールした。

TWSの等身大の魅力が詰まった「週刊K-POPアイドル #647(TWS出演回)」

(C)MBC PLUS

K-POPアイドルたちの隠れた魅力を発見する「週刊K-POPアイドル」は、過去には、BTSやSEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN…といったHYBEの先輩も度々出演してきた新感覚の音楽バラエティ。ランダムで流れる楽曲に合わせて即座に踊る名物コーナー「Random Play Dance」をはじめ、アイドルとしての実力を試すようなユニークな企画が毎回反響を呼んでいる。

広告の後にも続きます

MCを務める人気ラッパー、BOOMとイ・ジャンジュン(Golden Child)の掛け声に合わせ、スタジオに姿を現したTWSの6人は、颯爽とセンターのお立ち台に上がって即興ソロダンスを披露。まるで挨拶代わりと言わんばかりに、一人ずつ順番に踊り、物怖じすることなく収録を盛り上げる様子は、さすがメガルーキーの面目躍如といったところだ。

「週刊K-POPアイドル #647(TWS出演回)」

(C)MBC PLUS

いつもの番組オープニングとは異なり、そのまま最年長のリーダー、SHINYU(シンユ)とマンネ(最年少)のKYUNGMIN(ギョンミン)によるダンス対決になだれ込んだメンバーたち。勢いそのままに番組を飲み込んでいくのかと思いきや、TWSの魅力を掘り下げる”私は誰?”のコーナーでは”やらかし”も連発する。

各メンバーが一人ずつ自らの魅力をアピールするこのコーナーでは、文章が”虫食い問題”になっており、空欄に当てはまる言葉を他のメンバーが当てていくというもの。

シンプルなゲームにも関わらず、トップバッターのSHINYU(シンユ)が緊張からうまく出題できずクイズがグダグダに。さらには、その正解をDOHOON(ドフン)が一発で当ててしまい、「ショーを面白くする必要があることは伝えているんですが…」とMCに突っ込まれてしまうなど、バラエティ慣れしていない初々しさも徐々に露呈していく。

「週刊K-POPアイドル #647(TWS出演回)」

(C)MBC PLUS

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル