top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「1人でする時って…」あのちゃん、運命の相手と自覚する粗品の「特殊な性事情」に興味津々

アサ芸Biz

 2月14日、人気タレント・あのちゃんが自身のYouTubeチャンネル「あのちゅーる」を更新。あのちゃんとテレビ番組などで共演している霜降り明星粗品が登場し注目を浴びた。

あのちゃんは9日にYouTubeチャンネルを開設しました。14日の2本目の動画では、私生活の様子や音楽バラエティ番組『あのちゃんの電電電波』(テレビ東京系)の収録映像などを、自身のアテレコに合わせてVログ形式で紹介。また『電電電波』の収録後に行われているというSpotifyのトーク配信番組『電電電話』で、粗品と一瞬絡む様子も流れることに。彼女によると、ファンから『粗品とYouTubeでコラボしてほしい』という要望が多数届いているのだとか。これについてあのちゃんは、動画内で『しません!』と断言。粗品といえば、下半身がカントンと名の付く形状であることが知られており、あのちゃんは『なぜならアイツは、カントン(皮かぶり)だから!』と説明しています」(芸能記者)

 そんなあのちゃん粗品は「電電電波」と「電電電話」以外に、昨年はYouTube番組「あのちゃんねる」や音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)など多くの仕事で共演。さらに昨年12月26日配信の「電電電話」では、お互いの親友同士が結婚し婚姻届の証人にそれぞれがサインしたことなど、あらゆる場所で奇跡的な偶然が続いていると明かされた。この状況にあのちゃんは「ホントに凄いな。本当に凄いんだよ! 運命すぎて…」と、粗品との関係を興奮気味に語っている。

 また、1月23日配信の「電電電話」では、あのちゃん粗品の下半身ついて語り、ファンをザワつかせたという。

「番組ではこの日、粗品がタートルネックを着ていたことで、形状が似ている下半身“皮かぶり”問題の話題となりました。その際、あのちゃんは粗品に『まだムケてないの!? じゃあどうしてんの? 1人でする時は』とド直球質問。粗品は『人差し指と中指で挟んで、足に吸い付くドリブルするみたいに転がす』と特殊なやり方を説明していました。これにあのちゃんは『おおー、すごいね。それで…気持ちいい?』と返すと粗品に『まあまあまあ、はい!』と返され、『そうなんだ…』と頷いていました。昨年12月19日配信の同番組でも粗品に対し、『治さないの?』『そういう行為をしたくないの?』などと質問責めにして話題になっていたんです」(前出・芸能記者)

広告の後にも続きます

 そんな、粗品の下半身に興味津々なあのちゃんに対しファンの間では「これもう、あのちゃんからの熱烈なアプローチだろ!」「粗品、さっさと手術して男を見せろ!」「あのちゃんを待たせるなよ」などと、2人のカップル化を望む声が相次いでるのだ。

 これまで多くの番組で共演し、仲睦まじい様子を見せてきたあのちゃん粗品。コラボした際には、またぞろ下半身トークが展開されそうだ。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル