top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【阪急杯】昨年のアグリに続け アサカラキングが4連勝で重賞ゲットだ

SPAIA

距離延長組は割引

2024年2月25日に阪神競馬場で行われる第68回阪急杯。阪急といえば、関西に住んでいる人にはおなじみの名称、百貨店や電車などが頭に思い浮かぶ。ところで、阪急電車の車両は赤と黒の中間色。社会人になって初めて知ったのだが、あれは「マルーン」という色らしい。もしかすると、黒(2枠)と赤(3枠)からたくさん勝ち馬が出ているのでは、と思って調べてみたが、過去10年で2枠は1勝、3枠に至っては勝ち馬ゼロ。全く関係ありませんでした。

それはさておき、3月に行われるスプリントGⅠ高松宮記念に向けて、大事な一戦である本レース。果たしてどんな傾向があるのか。今回も過去10年の成績を基に検証していきたい。

☆所属
美浦所属馬は28頭出走して2勝(3連対)、栗東所属馬は134頭出走して8勝(17連対)。複勝率で少し栗東所属馬がリードしているが、それ以外は大きな差は見られない。


☆性別
性別では、牡馬、セン馬が142頭出走して8勝(17連対)、牝馬は20頭出走して2勝(3連対)。勝利数と連対数が栗東と美浦と全く同じ配分だが、こちらは牝馬の方が勝率、連対率ともに上。複勝率が25%なので、4頭に1頭は馬券に絡んでいる計算になる。また、連対した牝馬3頭中、2頭(19年レッツゴードンキ、21年レシステンシア)は桜花賞で連対経験があった。


☆年齢
年齢は、4歳と6歳が3勝、5歳と7歳が2勝ずつ。4~6歳は5連対ずつ、7歳は4連対。この4世代はほぼ横一線だ。ただ、勝率、連対率、複勝率で比較すると4歳が頭ひとつリードしている。8歳以上からは勝ち馬が出ておらず、2、3着に1頭ずついるだけだ。


☆前走クラス
3勝クラスからGⅠまで、まんべんなく勝ち馬が出ている。強いて挙げるなら、3勝クラス。11頭が出走して、20年ベストアクター、23年アグリが優勝している。この2頭は前走距離が1400mで、勝ってここに駒を進めていた。


☆前走
連対馬を多く出しているのは阪神Cの6連対(2勝)。京都金杯は3連対(2勝)で、勝率15.4%、連対率23.1%と優秀だ。


広告の後にも続きます

☆前走距離
前走距離については、前走1400mと1600mがともに複勝率20%台で及第点の数字。この2路線に比べると前走1200m組は同10%台と、少し数字が劣る。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル