top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

書類業務のデジタル化レベルを診断  あなたの会社は天下人“豊臣秀吉”クラス?

もっとエンタメ

 企業のデジタル化は、さまざまな分野の仕事で課題になっている。特に昨年インボイス制度が開始され、請求書や見積書、契約書、発注書、納品書などのデジタル化は急務だ。そこで書類業務のデジタル化がどれくらい進んでいるかを判定する「豊臣秀吉presents 書類業務デジタル化 戦力診断」(インフォマート・東京)が公開された。診断コンテンツの簡単な12の質問に答えていくと、企業の現状を分析しデジタル化対応のレベルが分かる。

 レベルは足軽、百人組頭、城主、継承者、天下人の5段階、豊臣秀吉が天下統一を実現するまでのターニングポイントになぞらえて判定してくれる。現状の課題の指摘や、企業間で発生する書類業務の完全デジタル化を後押しする「帳票書類のイッポン化」に向けた改善アドバイスを提案してくれる。この診断は無料だ。

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル