top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

大谷翔平 ドジャース移籍で故コービー・ブライアントが“運命の人”になったワケ

女性自身

大谷翔平 ドジャース移籍で故コービー・ブライアントが“運命の人”になったワケ(C)女性自身

「大谷選手はエンゼルス時代とは異なり、連日メディアに積極的に対応するようになりました。新たな『チーム大谷』のメンバーたちもフル稼働で彼を支えています」(在米ジャーナリスト)

 

ドジャース・大谷翔平(29)を支える側近中の側近といえば、通訳の水原一平(39)だが、球団の移籍にともない、大谷をバックアップする新軍団が結成されていた。その一人が、ドジャースタジアムの場内アナウンサー、トッド・ライツ氏だ。

 

「ライツ氏は’15年からドジャースタジアムの場内アナウンサーを務めています。空前の大谷ブームのため、日本語も織り交ぜた場内アナウンスを今から準備しているそうです。『日本語を勉強してきちんとした発音で大谷や山本(由伸)の名前をアナウンスしたい』と意気込んでいると聞きました。

広告の後にも続きます

 

また、愛犬家としても有名で、保護犬イベントの司会を定期的に務めています。大谷選手、そしてデコピンにとって頼もしい味方です」(スポ―ツ紙記者)

 

ドジャースのソーシャルメディア部門のディレクターを務めるスー・ジョーさんも、大谷の人柄にほれ込んでいる一人だ。

 

「ジョーさんは昨年12月、ドジャースが大谷選手の獲得を発表直後、球団公式Xで公開した歓迎アニメ動画の制作にも携わった女性です」(前出・スポーツ紙記者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル