top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

生瀬勝久 タナケン地でゆく“クセ強”私生活!「冠婚葬祭には出ない」理由

女性自身

「撮影が1日延びるとその分、現場の負担が増える。そのしわ寄せが作品の質を下げてしまうかもしれない。観客は君が母親かどうかなんて知ったこっちゃないんだ。つまらんものを見せたら最後、そっぽ向かれて終いだよ」

 

2月20日に放送されたNHK連続テレビ小説『ブギウギ』第98回で、生瀬勝久(63)演じる喜劇王・棚橋健二ことタナケンのセリフが“刺さる”と話題になっている。

 

娘を連れて映画の撮影をしていたスズ子(趣里)が、娘のケガにより撮影を1日休みにせざるを得なくなった。その翌朝、まず共演者のタナケンに謝ると、彼はスズ子の娘のケガを気遣いながら、冒頭のセリフを言い放つのだ。テレビ誌記者は言う。

広告の後にも続きます

 

「タナケンは喜劇王と呼ばれていながら、撮影現場では一切笑顔を見せず、もともと演技経験のないスズ子との初共演から気が進まない様子で描かれました。

 

スズ子が彼女の芝居に助言を求めても『どうだろうね?』と言うばかりで放任。最終的に台本を無視して、持ち前の関西弁で台詞を言ったスズ子に、ようやくタナケンは『面白いね!』と反応したのです。

 

それ以降、タナケンはスズ子に『何をやっても、僕が全部受けてあげるよ』と話し、初共演は大成功。そのため2度目の共演となったのですが、スズ子の演技への集中力がそぞろになっていることを彼なりに諭したのです」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル