top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【全日本】井上奮戦も初ベルトならず 立花がGAORA王座初防衛

プロレス/格闘技DX

【全日本】井上奮戦も初ベルトならず 立花がGAORA王座初防衛(C)プロレス/格闘技DX

『エキサイト・シリーズ2024』後楽園ホール(2024年2月20日)
GAORA TVチャンピオンシップ ○立花誠吾vs井上凌×

 井上の初ベルト戴冠はならず、立花がGAORA TV王座初防衛を果たした。

 立花が1・14後楽園大会でブラックめんそーれを破ってGAORA王座を奪取。全日本における初のシングルベルト戴冠となった。初防衛戦の相手に名乗りを上げたのが新鋭・井上。昨年7・23大阪大会で世界ジュニア王座に挑んで以来2度目のシングル王座挑戦となった。

 井上は勝てばデビュー2年1ヵ月でベルト初戴冠。立花に猛アタックした。キャリアに勝る立花に主導権を握られても、得意の打撃で必死に応戦。トペコンヒーロ、スピアーと攻め込んだ立花にミドルキックを連発するなど立ち向かったものの、大観音スープレックスには持ち込めず。イケメン落とし、えびす落としとたたみかけた立花がヤンキーハンマーをぶち込んで3カウントを奪った。

 井上が奮闘空しく敗戦。立花がGAORA王座初防衛に成功した。「次、防衛戦決まってねえけどよ。誰とでもやってやる!…とは言わないでおこう。とんでもねえヤツが来たら困るからな。でも、それでも、どんなヤツ相手でも勝つ自信が芽生えてきてるぞ」と王者の自信をつかみつつある立花は「このベルトの意義は若手活性化。とりあえず井上とやったけど、その意義が成せた…なんて俺は思わねえぞ! その意義以上のモノを俺が見せてやるからよ!」と改めてGAORAベルト創設時のコンセプトを具現化させていく構えをみせていた。

【試合後の立花、黒潮】

▼立花「勝ったぁ!! お前(黒潮)…まあ、いいや。初防衛、これでV…1だ」

▼黒潮「すくなっ!」

▼立花「あ? 少ねえって…お前」

▼黒潮「普通、お前そういうのはV5だとか、V6だとか。V1だって」

▼立花「お前このベルト持ってたよな? 史上最年少チャンピオンだって。何回防衛したか知ってるか、それはな…(※黒潮が立花の口をふさぐ)」

▼立花「くせっ! なんだお前の手、くせっ!」

▼黒潮「あ、(直前に)くしゃみしたの押さえてた」

▼立花「ヴォオエエ! …とにかくV1達成だ。防衛1回成功したぞ。このベルトの意義は若手活性化。とりあえず井上とやったけど、その意義が成せた…なんて俺は思わねえぞ! その意義以上のモノを俺が見せてやるからよ!」

▼黒潮「しゃべり方気持ち悪っ!」

▼立花「あ? っせーな! 手ぇくせーヤツのほうが気持ちわりぃだろ! ってかお前ベルト持ってないの? ダッセーーーーーーー!」

▼黒潮「持ってるよ!」

▼立花「じゃあ持ってこいよ!」

▼黒潮「…家にあんだよ!(※と吐き捨てて去っていく)」

▼立花「そりゃお前、遊びのベルトだろ? とにかくお前、次、防衛戦決まってねえけどよ。誰とでもやってやる!…とは言わないでおこう。とんでもねえヤツが来たら困るからな。でも、それでも、どんなヤツ相手でも勝つ自信が芽生えてきてるぞ。俺から目ぇ離すんじゃねえぞこの野郎、あぁん?」

▼黒潮「(※戻ってきて)遊びのベルトってなんだよ!」

▼立花「おめー帰ったんじゃねえのかよ! お前! 帰れよお前! 手がクセーくせに!」

▼黒潮「お前だってチ◯コくせーくせに!」

▼立花「チ◯コってのはみんなくせーもんだろ!(※などと口論しながら二人で去っていく)」

【井上の話】「(コメントスペースに座り込むと)何が足りなかったんだ? 十二分にこのタイトルマッチに向けて準備してきたつもりだけど…。最悪だ。考える時間をちょっと…。とにかく力がないってことはわかってるから。また一からやるだけです」

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル