top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【2024年引退調教師(後編)】中野栄治、加用正、小桧山悟、松永昌博師の成績を振り返り「勝負レース」の気配を探る

SPAIA

引退まで残り2週間

競馬界は2月が別れの季節。前編では安田隆行、飯田雄三、高橋裕調教師の成績等を紹介した。今回も前回同様に通算成績、主な活躍馬を振り返っていき、最後に狙いたいポイントを探っていく。

スプリント王トロットスターを輩出 中野栄治調教師

後編のはじめは、1953年3月31日うまれの中野栄治調教師。ジョッキーとして現役時代には1990年の日本ダービーをアイネスフウジンで制し、東京競馬場が「ナカノコール」に包まれたのが印象的だった。

1996年3月からは調教師に転身し、2月16日時点で【290-307-319-5657】勝率4.4%、連対率9.1%、複勝率13.9%の成績をあげている。キャリアハイは2000年の【27-10-16-194】で、全国リーディング19位という成績だった。


中野栄治厩舎のJRA重賞制覇は8勝で下記の5頭であげている。


<中野栄治厩舎 主な活躍馬一覧>
トロットスター(1996年産/34戦8勝/01年 高松宮記念など重賞4勝)
タイムフェアレディ(1998年産/25戦3勝/01年 フラワーC)
ノットフォーマル(2012年産/34戦3勝/15年 フェアリーS)
カイザーメランジェ 現役(2015年産/51戦6勝/19年 函館SS)
ブローザホーン 現役(2019年産/18戦6勝/24年 日経新春杯)

代表格は2001年JRA賞最優秀短距離馬に輝いたトロットスターだ。しかし、個人的には黛弘人騎手に初重賞制覇をもたらした2015年のフェアリーSノットフォーマルが忘れられない。元所属厩舎の馬で、しかも同馬の担当助手は実父の黛幸弘さん。中野調教師としても実に14年ぶりの重賞制覇。競馬の一つのロマンが集約されているとも感じた。

2023年以降は【17-32-23-265】。中山競馬場で【5-9-7-47】で複勝回収率177%、小倉競馬場では【3-1-1-30】単勝回収率146%を記録。残り2週は中山、小倉開催があり最後まで目が離せない存在だ。

長く活躍する馬を育てた「いぶし銀」 加用正調教師

続いては1953年5月17日うまれの加用正調教師。騎手として559勝をあげ、調教師として2月16日時点で【637-585-599-5709】勝率8.5%、連対率16.2%、複勝率24.2%を記録。2006年には【31-29-23-188】の成績で全国リーディング21位となっている。JRAでの重賞勝ち数は14勝で、その他、JpnⅠを2勝している。


広告の後にも続きます

主な活躍馬は下記の5頭を紹介したい。


<加用正厩舎 主な活躍馬一覧>
エイシンガイモン(1993年産/44戦7勝/96、97年 関屋記念など重賞3勝)
ランニングゲイル(1994年産/32戦4勝/97年 弥生賞)
リミットレスビッド(1999年産/63戦14勝/06年 ガーネットSなどJRA重賞2勝)
ドリームバレンチノ(2007年産/55戦12勝/14年 JBCスプリントほかJRA重賞2勝)
ミツバ(2012年産/52戦11勝/19年 川崎記念)

改めて驚くのは出走回数の多さだ。いかに馬を鍛え、そして日々の管理を徹底していたのかを数字が証明している。

2023年以降の成績は【19-25-19-202】。その中でも坂井瑠星騎手とのコンビでは【2-3-0-1】で連対率83.3%を誇っている。残り2週間でこのタッグを見つけたら是非狙ってみたい。

ゴリラ愛好家という顔も持つ 小桧山悟調教師

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル