top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

2024年度プロ野球出身大学ランキング 明治大がトップ、亜細亜大が続く

SPAIA

明治大が26人でトップ

2024年の日本プロ野球界に最も多くの現役選手を輩出している大学はどこだろうか。出身大学をランキング形式で紹介する。


最多は26人の明治大(東京六大学)。亜細亜大(東都)が22人で続き、慶応大(東京六大学)と法政大(東京六大学)が16人で並んでいる。

5位は15人の東北福祉大(仙台六大学)。6位は早稲田大(東京六大学)、東洋大(東都)、中央大(東都)が14人で並んだ。

9位タイで国学院大(東都)と東海大(首都)の10人となっている。では、大学別に見ていこう。

1位:明治大26人

1位は26人の明治大。かつては「御大」と呼ばれた島岡吉郎監督の厳しい指導が有名だったが、現在もその伝統は受け継がれている。最年長は今年35歳になる広島・野村祐輔と楽天・阿部寿樹。楽天・島内宏明も2月生まれのため年齢は1歳下だが同学年だ。

広陵高、明治大、広島カープと野村祐輔と全く同じ経歴を辿る上本崇司は1学年下。さらに岡大海(ロッテ)、山﨑福也(日本ハム)、糸原健斗(阪神)、福田周平(オリックス)、坂本誠志郎(阪神)、菅野剛士(ロッテ)、上原健太(日本ハム)、星知弥(ヤクルト)、柳裕也(中日)、佐野恵太(DeNA)と今年で30代以上の選手だけで14人もいる。

プロに多く輩出するだけでなく、息の長い活躍をしているのも大学時代に鍛え上げた賜物かも知れない。

2023年ドラフトでは上田希由翔が1位でロッテ、石原勇輝は3位でヤクルト、村田賢一は4位でソフトバンクに入団。14年連続でドラフト指名されている。

2位:亜細亜大22人

2位は22人の亜細亜大。明治大以上に厳しさで有名なだけに、培った精神力はプロで生き抜いていくための礎となるのかも知れない。

最年長はソフトバンクの東浜巨。沖縄尚学高時代にセンバツで優勝し、プロでも2017年に最多勝を獲得するなど輝かしい実績を持つ。高校、大学時代にバッテリーを組んでいた1学年下の嶺井博希もDeNAからFA宣言してソフトバンクに移籍し、再びチームメイトになった。

九里亜蓮(広島)や山﨑康晃(DeNA)ら実績を残している投手、木浪聖也(阪神)や頓宮裕真(オリックス)ら昨年のリーグ優勝に貢献した選手など多士済々だ。 昨年ドラフト1位で草加勝が中日に入団したが、いきなり右肘のトミー・ジョン手術を受けることになった。

3位:慶応大16人

慶応大は3位タイの16人。最年長は33歳の中日・福谷浩司で、今年30代以上になるのは山本泰寛(中日)、矢崎拓也(広島)を含めて3人と少ない。柳町達、佐藤宏樹、正木智也、廣瀨隆太とソフトバンクが4人いるのも特徴だ。

慶応高からの内部進学も多く、昨夏の甲子園で優勝したメンバーも4年後にプロ入りするかも知れない。2023年ドラフトでは廣瀨隆太が3位でソフトバンク入りしている。

3位:法政大16人

広告の後にも続きます

法政大も16人で3位に並んだ。かつて田淵幸一、山本浩二、富田勝の「法政三羽烏」を輩出するなど多くのプロ野球選手が活躍した法政大OBで現役最年長は三嶋一輝(DeNA)。

大学時代に三嶋とバッテリーを組んだ木下拓哉は中日で活躍しており、木下と同級生の西浦直亨もDeNAでプレーしている。

5位:東北福祉大15人

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル