top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

ロングシートの普通列車が「夜行列車」として運行 「もはや修行」なプランにネット困惑も…発売1時間で完売の理由とは

Jタウンネット

こんな場所で一夜を過ごすなんて、できるんだろうか……。

とても令和のものとは思えない「夜行列車」が2024年2月24日、新潟県を走る。

1月26日、新潟県上越市の鉄道会社・えちごトキめき鉄道が発表したのは、普通列車車両「ET127系」を使用した企画列車「普通夜行列車」の運行。

普通列車車両……つまり、通勤で使うような、”フツーの電車”である。もちろん寝台なんてついていない。

あるのは、普段はみんなが横並びに座っている、ロングシートだけだ。

広告の後にも続きます

このロングシートだけの電車に乗った乗客たちは22時9分、直江津駅を出発する。目指すのは妙高はねうまラインの終点・妙高高原駅。到着したら……また直江津に戻る。その後、電車は再び妙高高原へ向かい……朝6時18分に直江津に戻ってくる。

つまり、夜中に普通電車に乗って、直江津と妙高高原を上がったり下がったり2往復するだけの旅である。なにそれ?

ストイックすぎる「夜行列車」に、X上では困惑するユーザーが続出。こんな声が上がっている。

「オールC寝台爆誕w」
「夜行でロングシートは苦行過ぎて、もはや修行ですやんww」
「トキ鉄は面白いなぁ」

何故こんな夜行列車を運行することにしたのか。1月29日、Jタウンネット記者はえちごトキめき鉄道を取材した。

参加する猛者、居るの?

取材に応じた同社経営企画課の山田直哉さんによると、えちごトキめき鉄道ではこれまで、ボックスシートもある413系・455系観光急行車両で、夜行列車イベントを行ってきた。

しかし、その車両が3月末まで検査で運休に。その状況下で出てきたアイデアが、

「じゃあ普通列車を夜行列車にしたら面白くない??」
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル