top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

スズキ新型「スイフト」は王者トヨタ「ヤリス」に勝てるのか? コスパはクラス最強の声も…! 

週プレNEWS


スズキ「スイフト」価格:172万7000~233万2000円/今回試乗したのはスイフトのハイブリッドMZ。ボディサイズは全長3860㎜×全幅1695㎜×全高1500㎜。車重950㎏。ホイールベースは2450㎜

スズキが世界に誇るコンパクトカー「スイフト」。爽快な走りで数多くのファンをとりこにしているこのクルマが、昨年12月にフルチェン! 千葉県で開催された試乗会で、その実力に迫ってきた。

■軽だけじゃない! スズキの看板カー

シビレる走りで世界中のファンを魅了してきたスズキのコンパクトカー・スイフトが、昨年12月に7年ぶりとなるフルモデルチェンジしたことを受け、大きな注目を集めている。ニッポン市場における初代は2000年にデビュー。

今回登場した新型は5代目(グローバルでは4代目)となる。現在、スイフトは169の国と地域で販売されているが、具体的にどこで売れているのだろうか? スズキ広報部に聞いてみた。

「販売台数が多いのはインド、次いで日本、そして欧州という順です。欧州で販売台数が多いのはフランス、イギリス、ドイツの順になります」

広告の後にも続きます

スズキの世界戦略車であるスイフトは、昨年10月に累計販売900万台を達成! ニッポンでスズキという名前を耳にすると、アルト、ジムニー、ワゴンR、スペーシアなどの人気の軽が自然と頭に浮かぶ。しかし、今のスズキの屋台骨を支え、世界市場で大活躍しているのはコンパクトカーのスイフトなのだ。

名実共にスズキの看板カーに成長したスイフト。その新型が姿を現したのは、昨年10月のJMS(ジャパンモビリティショー2023)。出展された試作車は、SNSを中心に話題を呼んだ。実際、都内にあるスズキの販売店関係者はホクホク顔でこう話す。

「JMSに出展されると、多数のお問い合わせがあり驚きました。受注のすべり出しは、おかげさまで上々です」


今回試乗したモデルのハンドルは本革巻きタイプ。ディスプレーオーディオは、スズキ初の9インチ


走りは激アツだが、正直言ってスイフトの後席は狭く、後方視界もコンパクトカーの中ではあまり良くない


パワートレインは3気筒1.2Lのマイルドハイブリッドを搭載。試乗車のWLTCモード燃費は24.5㎞/L

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル