top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

岡本健一と圭人が親子役で2度目の共演 圭人、父の言葉に「涙が出そうに」なるも「今じゃない」

エンタメOVO

 「La Mère 母」「Le Fils 息子」製作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の若村麻由美、岡本圭人、岡本健一、演出のラディスラス・ショラーが登壇した。

 今回の上演は、フランス演劇界をけん引する劇作家フロリアン・ゼレールによる家族3部作のうちの2作を同時上演。若村、圭人、健一は、まったく異なる2作品に同じ役名で出演する。また圭人と健一が親子共演するのは、2021年の「Le Fils 息子」初演以来となる。

 初演の「Le Fils 息子」の思い出を聞かれた圭人は、「自分にとって特別な舞台でした。初めての舞台、そして俳優となっての第1本目の舞台、憧れだった父親との親子共演で、思い出に残っていることはいっぱいあります」とコメント。そして、初日が始まる直前に父の健一が楽屋に来たことを明かし、「『これからお前の新しい人生、新しい道が広がっていく。だから、自分を信じてこれからもやっていってほしい』と良い言葉を言ってくれたんです。でも、今じゃないでしょうって。これから不安定なニコラという役を演じるのに、(父親の言葉で)自分が満たされそうになって、涙が出そうになって、やばいやばいって。それが印象に残っています」と笑いながら振り返った。

 プライベートではあまり二人で出かけることはないという圭人と健一。圭人が「どちらかというと父親の舞台を見に行ったり、ライブを見に行ったりして、その時の感想を話したりするくらいだと思う」と話すと、健一も「ちょうど今、舞台の公演中なので、それを見に来て、終わった後に話したくらい」と同意。続けて、健一は、「その時に2、3週間ぶりくらいに会ったんだけど、プレゼントをもらいました。タンブラーです。ちょっとうれしかった。プレゼントくれるんだと思って」と語り、笑顔を見せていた。

 「La Mère 母」は4月5日〜29日に都内・東京芸術劇場 シアターイースト、「Le Fils 息子」は4月9日〜30日に都内・東京芸術劇場 シアターウエストほか全国8都市で上演。

広告の後にも続きます

 

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル