top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「日本女子は残酷すぎる!」平野美宇らが0点完封。卓球界の“暗黙ルール”に中国メディアが言及!「まったく問題ない」

THE DIGEST

「日本女子は残酷すぎる!」平野美宇らが0点完封。卓球界の“暗黙ルール”に中国メディアが言及!「まったく問題ない」(C)THE DIGEST
 パリ五輪の出場権獲得が懸かる卓球・世界選手権女子団体戦は、2月19日のブラジル戦で1次リーグ4戦全勝とした日本がベスト16に進出。女子団体の五輪出場権獲得まであと1勝に迫った。
【PHOTO】早田ひな、伊藤美誠、平野美宇、張本美和…女子卓球界が誇る“異次元の天才”たちを一挙にチェック!

 一方、同18日に行なわれた第3戦・南アフリカ戦では、木原美悠(木下グループ)、平野美宇(木下グループ)、早田ひな(日本生命)でオーダーを組み、3-0で快勝した日本だが、実力差の著しい相手との試合内容が反響を呼んでいる。

 世界ランク2位の日本と同ランク30位の南アフリカとの対戦だった。日本が危なげない試合運びで格下を相手にストレート勝利。3人合わせて相手には15ポイントしか与えなかった。

 そのなかでも、とりわけ話題となっているのが、第1試合に登場した木原と第2試合の平野が第1ゲームを11-0で完封したことだ。卓球界では、かねてより10-0になった時点で、故意にミスをして相手に得点を与えるという暗黙のルールがあった。
  中国メディア『捜狐』は、「日本の女子卓球は残酷すぎる! 格下相手に2人が11-0で完封した。平野美宇は特に厳しい」と驚異の20連続ポイントをマークした平野の凄みを伝えたうえで、「この試合での得点差が物議を醸した!」と日本で反響を呼んだこのルールについて言及した。

 同メディアは「実際に今回の世界選手権では、すでに11-0のスコアが出ている」と2月17日の中国対ウズベキスタン戦を振り返る。「我が国の王曼昱も11-0でマグジエワを圧倒した。今は得点を譲歩しないことは、斯界のコンセンサスになっている」と時代は変わってきていると報じた。

 最後に同メディアは「この観点から、日本女子が11-0で相手を破ってもまったく問題ない。コート上の選手は勝つために全力を尽くすべきであり、このスコアは当然の結果だ」としながらも「対戦相手への心理的打撃が大きすぎて、南アフリカ女子の自信を喪失させてしまう場合もある」との見解を述べた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「頑固なだけ?」伊藤美誠の“衝撃発言”を巡る批判に中国メディアが猛反論!「並外れた成績を残してきた」「彼女は称賛に値する」【卓球】

【関連記事】「査定してやるよ!」人気女子レスラー、ウナギ・サヤカが水谷隼にまさかの“宣戦布告”!本人は「後悔することになる」と忠告

【PHOTO】3大会連続の五輪メダル!「強さ」と「美しさ」を兼ね備えた石川佳純の歴代厳選フォトを一挙公開!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル