top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

美容のプロは絶対にやらない「どんどんと顔が悪くなってしまう“最悪の生活習慣”」

女子SPA!

 人はいろいろな“習慣”を持っているもの。日常的に無意識に行っている習慣が、美容に悪影響を及ぼすかもしれません。今すぐにやめたほうがいい習慣をプロエスティシャン向けのスクールを主宰する美容の専門家であるフェイシャルレメディの岩崎るみさんに挙げてもらいました。

頬杖は顔によくない

 本を読んだり、考え事をしたりしていると、ついついやってしまう頬杖。美容とは関係ないかもしれませんが、岩崎さんは「頬杖が骨格を歪める原因になる」と警鐘を鳴らします。

「頭蓋骨にぶら下がっている顎を頬杖で圧迫する習慣ができてしまうと、顔の歪みの原因に。歪んだ顔は、当然ながら見た目が悪くなってしまいますし、歯並びが悪くなってしまいます。

歯並びが悪くなると、噛み合わせにも影響が出てくるので、日頃から頬杖をついてしまうという人は、すぐにやめるようにしてください」

スマホ依存も顔を歪める原因に

 スマホは今や生活の必需品だが、スマホに依存した生活も顔を歪める原因になってしまう。

「スマホを見るときは、顔を下に向けることが多いと思います。長時間、その姿勢のままだと背骨を痛めて、頭痛や肩こり、首こりなどを引き起こすストレートネックになってしまうかもしれません。

また、美容の面からスマホ依存の問題を指摘すると、ずっと下を観ているとフェイスラインが歪んで顎の下の肉がたるんでしまいます。二重顎の原因にもなってしまうので、スマホの使用は控えるべき。

それでも仕事などで使用する頻度の多い方は、スマホを顔の正面に持ってくるなどして下を向かないようにしたほうがいいですよ」



湯船にはちゃんと浸かったほうがいい

 仕事や育児に追われて、シャワーで済ませるという人も多いのではないでしょうか。汚れを落とすのはシャワーで十分ですが、岩崎さんは「湯船に浸からない習慣はよくない」と指摘します。

「お風呂で芯から温まることで、体が温まりますし、リラックス効果も期待できます。また、お湯の圧力で毛細血管が活性し、代謝が高まるメリットも。入浴して体を温めた後、一度クールダウンして、もう一度湯船に使って体を温めるのも効果的です。

定期的に入浴したほうが体にはいいですが、長く浸かりすぎるのはよくありません。私はお風呂が好きなので、長く浸かりすぎることが多いのですが……ほどほどにしましょう」

栄養、運動、睡眠の3つの不足はNG

 栄養、運動、睡眠が不足するのは、美容にとっては当然NG。この3つはリンクしているので、どれか1つでも不足しているようなら、できるだけ早く生活を改善するのが理想です。

「外食やコンビニ食が多い人は、必要な栄養が不足しているかもしれません。美容や健康には、バランスの良い栄養が不可欠。思い当たる方は、食生活を改善しましょう。

しっかり栄養を取ったうえで、運動をするのも大事です。リンパ液が動いて老廃物が排出されます。ウォーキングなどでも十分なので、まずは無理のない範囲で運動量を増やすのがオススメです。

また、疲れを回復したり、体の機能を修復したりするのは、睡眠中に行われます。睡眠時間が短すぎると、回復や修復が間に合わないので、睡眠はしっかり取るようにしてください」

 ただし、いずれも過剰にやるのは厳禁とも。

「栄養を取りすぎると肥満の原因になってしまいますし、寝すぎるのも体によくありません。不足をしないように習慣化することが大事なので、ちゃんとバランスを考えて実践しましょう」



アルコールの摂取は控えるべき

 がんばった自分へのご褒美として、アルコールを嗜んでいる人は過剰摂取に注意。

「アルコールの過剰摂取がよくないことは知られていますが、美容の観点からお話すると、脱水症状を起こして水分を保持できない体になってしまいます。乾燥しやすい肌になってしまうので、アルコールの摂取はほどほどに。

体のむくみの原因になる、塩分も控えるべき。お酒のおともに塩っ辛いものを食べられる方は、塩分の過剰摂取にも気をつけてください」

 慣れ親しんだ習慣を改善するのは難しいですが、岩崎さんは「きれいになりたい、元気になりたい、長生きしたいといった目標を作ると、習慣化しやすい」とも。

 ひとつでも当てはまる習慣があった人は、新たな目標を作って生活と美容の改善に努めてみてはいかがでしょうか。

<取材・文/黒田知道>



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル