top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

木梨憲武が自ら電話して共演オファーした62歳俳優。昭和の大スターを父に持つ“存在感”とは

女子SPA!

 木梨憲武が、主演ドラマでの共演オファーをするため、中井貴一に電話する。即座に回答して、出演が決まる。そんな世界線が……。

 木梨主演ドラマ『春になったら』(関西テレビ)が、毎週月曜日よる10時から放送されている。第4話に親友役としてゲスト登場した中井の出演が話題になった。

 この友情共演がなぜ感動的だったのか。イケメン俳優の探求をライフワークとする“イケメンサーチャー”こと、コラムニスト・加賀谷健が、中井貴一のキャリアを振り返りながら、解説する。

日本一の“二度見俳優”

 余命宣告された初老の父・椎名雅彦(木梨憲武)が、死ぬまでにやりたいことリストを作成する。娘・椎名瞳(奈緒)との伊豆旅行など、残りの3ヶ月、悔いのないように、持ち前の明るさでご機嫌に生きようとする。

 リスト項目の2つ目。「神に謝る」と書かれているのだが、一見、唐突に神頼みなのかなんて思っていたら、神君という親友のことだった。

 もう長い間会っていない親友とのもやもやを解消するため、雅彦は、神健一郎(中井貴一)が営む喫茶店を訪ねる。

 中学2年のとき、神から好きな人への代理告白を頼まれた雅彦が、逆に告白されてしまった青春の裏切りを詫びる。謝られた神はなんだか終始気まずそう。実は自分も謝ることがあると切り替えす。拍子抜けする雅彦は、神が発した言葉に見当がつかない。それで黙ってコーヒーを飲んで帰ってきてしまう。

 すると今度は瞳が、神の真意を確かめるため、喫茶店へ。開店と同時に瞳がやってくる。初めは気づかない神が、彼女の気配を感じ、咄嗟に二度見。これこれ。このすっとんきょうな仕草こそ、中井貴一特有のものだ(!)。そうか、中井貴一って、日本一の“二度見俳優”だったのだといまさら気づく。

中井貴一的な空気感

この投稿をInstagramで見る

木梨憲武 / Noritake Kinashi(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿



 なぜか腑に落ちてしまった。この人の二度見には、この人にしかないと感じさせる特別な空気感があるから。神が謝りたかったことの一部始終を父に代わって瞳が聞く。(またしても代理的な)店内の場面がさらにじわじわくる。

 神が高校1年の出来事を噛みしめるように語り始める。当時の場面が回想としてはさまる。かなり説明的な会話場面に過ぎないのだけれど、中井の呼吸、その息づかいに合わせた現在と過去のシンクロにはグッとくるものがある。

 過去を追想しながら、穏やかに語る中井の表情は、中井貴一的としか形容しようがない空気につつまれる。コーヒーをおとす香ばしい香りをもまとわせながら、しっとりつややかに、温かく。



続編まで製作された『最後から二番目の恋』

 日本一の二度見俳優どころか、日本を代表する名優に他ならない中井の演技をずっと見ていたい。いやそれだけじゃなく、中井貴一ならもうなんだっていい。ただひたすら眺めていたい。

 さっきの会話(追想)場面がもし他の俳優だったら、すぐに飽きてしまって、たぶん見てらんない。なのになぜ、中井だと見ていられるのか。

 小泉今日子とのこれまたつややかな共演ドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ、2012年)でもそうだった。鎌倉を舞台に、中年男女のたわいもないやり取りが淡々と繰り返されるだけなのに、続編(2014年)まで製作されてしまった。

 同作でも節々で名人芸的な二度見を披露しているのだが、あれもやっぱりキョンキョンの相手役が中井さんじゃなかったら、絶対に成立していない。目に見えないはずの空気をシグニチャーとして可視化する中井貴一。なんなんだ、ほんとあの唯一無二の空気感って。

長いキャリアを振り返ったとき

 ところで、中井の父は、昭和の大スター佐田啓二である。例えば、1962年公開の『秋刀魚の味』。とんかつ屋でビールを飲み、とんかつをひと口ぱくつくだけで惚れ惚れする二枚目俳優だった。同作の小津安二郎監督が、実は「貴一」の名付け親だったりもする。

 佐田は37歳の若さで亡くなるが、亡き父や世界的な巨匠監督の縁が俳優の道へ向かないはずがなかった。ある意味では貴一と名付けられた瞬間に、俳優として生きることを決定づけられたんじゃないか。

 市川崑監督による名作『ビルマの竪琴』(1985年)などの主演を経た中井は、1990年代、俊藤浩滋プロデュースの任侠映画に活路を見出す。東映任侠映画の黄金期はすでに遠い過去だったが、『激動の1750日』(1990年)から『残俠』(1999年)で同ジャンルをちょうど10年間再興し、盛り上げた功績は特筆すべきだろう。

 WOWOWドラマ初主演作だった『きんぴか』(2016年)では、出所してきたやくざ役で、残俠の哀しみを滲ませた。任侠の世界で凄みを利かせる映画俳優としての中井。かたや、ドラマ俳優としては、どちらかというと物腰柔らかな雰囲気が印象的。

 そんな長いキャリアを振り返ったとき、ふたつの系統を使い分けてきた名優だけが発揮する、唯一無二の存在感があるのかもしれない。



親友同士が呼応する感動

この投稿をInstagramで見る

木梨憲武 / Noritake Kinashi(@noritakekinashi_official)がシェアした投稿



 その意味では、『春になったら』の神役は、凄みと柔らかさの中間に位置づけることができる。故にここ数年を代表する名演だと筆者は思うのだ。雅彦が最初に訪ねていった場面では、渋い顔でほとんど無言。

 瞳が二度目に訪ねると、手元のコーヒーに温かい眼差しを注ぎながら、青春時代の過ちを明かす。実際に親友同士でもある木梨憲武との友情共演だからこそ、自然と漂う空気感があるのかもしれない。

 演技とは別の意味で、中井と木梨は心なしか、ちょっと照れくさそうに演じている。瞳の計らいで母校で再会する場面が素晴らしかった。過去の誤解が解けて、昔のようにじゃれ合うとき、神が「タッハッハ」といかにも中井っぽい笑い方でおどける。

 この笑い声は、第2話の伊豆旅行で、瞳と海岸を歩く雅彦が照れ隠しみたいに発した「タッ(トゥフフ)」とピタリと呼応している。中井と木梨がこうして共振するかのような呼応がほんとうに感動的なのだ。

<文/加賀谷健>

【加賀谷健】
音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル