top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

2023年の訪日インド人数は17万人。コロナ禍前の水準までほぼ回復:インド最新インバウンドデータを徹底解説!

訪日ラボ

日本政府観光局(JNTO)が1月17日に発表した訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)によると、2023年の訪日インド人数は16万6,300人でした。

同日、観光庁は2023年訪日外国人消費動向調査の結果を公表し、訪日インド人の旅行消費額は384億円で、コロナ禍前の2019年比140%でした。

訪日ラボでは、各データをもとに、国別に訪日客数、消費額、消費傾向などをまとめています。本記事では、インド市場のインバウンド動向について、最新データを交えて解説します。

2023年の訪日インド人数は17万人。春と秋が人気

日本政府観光局(JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年に訪日したインド人の数は16万6,300人で2019年比94.5%でした。

▲訪日インド人数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

2019年まで訪日客数は右肩上がりで増加し続け、ピークとなった2019年には17万5,896人を記録しました。コロナ禍は落ち込んだものの、コロナ禍を経てアジア圏からのなかでは快調なペースで回復しています。

▲訪日インド人数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

広告の後にも続きます

年間推移を見ると、4月から5月と、10月から11月の時期が増加しています。インドは暑季と雨季、乾季の3つの気候に分かれており、暑季には連日40度を超えるほか、雨季は洪水もよく起こるなど極端な気候が続きます。そのため穏やかで過ごしやすい季節が訪日のピークになるようです。

2023年の訪日インド人消費額は384億円。2019年比140%

観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査によると、2023年における訪日インド人の旅行消費額は384億円で、コロナ禍前の2019年比140%と大きく伸びています。

▲訪日インド人消費額 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

年間推移では最も多い時期が4-6月で、次いで10-12月となっています。いずれの時期も2019年を上回るなど、日本のインバウンド市場においてインドの存在感が大きくなっていることは明らかです。

▲訪日インド人消費額の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

訪日インド人の支出において最も大きな割合を占めたのは宿泊費で158億円でした。次いで買い物代が90億円、飲食費が71億円、交通費が54億円、娯楽等サービス費が11億円でした。

2019年と比較すると宿泊費と飲食費の割合が減っていて、一方で買物代の割合が大幅に上昇しています。

▲費目別 訪日インド人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル