top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

公園でうずくまっていた子猫を保護。たくましく育った2年後の姿が可愛すぎる

女子SPA!

【今日のにゃんこタイム~○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.134】

 YouTube「よつ葉ch」にて、愛猫よつ葉ちゃんとの家族史を公開している、よつ葉ママさん(yotubach1023)。勝気な反面、甘えん坊なよつ葉ちゃんは、お膝に乗るのが大好きです。

 よつ葉ちゃんとの出会いは、今から2年ほど前のウォーキング中でした。

ウォーキングコースにある公園で動かなくなっていた子猫を保護

 2021年10月23日、よつ葉ママさんはウォーキングコースにある公園で子猫を発見。実は、かねてから「保護猫を家族にしたい」と考えていたため、迷うことなく、保護を決意しました。

 しかし、その日は捕獲に失敗。そこで2日後、もう一度、その公園へ。すると、うずくまっている子猫の姿が……! よつ葉ママさんは子猫を抱っこし、動物病院へ向かいました。

 幸い、怪我はなかったものの、猫風邪による結膜炎を患っていたため、点眼薬と栄養補給のサプリメントが処方されたそう。体についていたノミも、動物病院で駆除してもらいました。

下駄箱下のスペースに引きこもり

 当時、よつ葉ちゃんは生後2ヶ月ほど。警戒心は強く、自宅へ帰った後は下駄箱下のスペースに引きこもり。よつ葉ママさんが手のひらに少量のドライフードを乗せて、顔の近くへ持っていっても食べてはくれませんでした。

「結局、数時間後に手のひらのカリカリをほんの少し食べてくれましたが、しばらくは下駄箱の下から出てこようとはしませんでした」



脱走を計画していた子猫

 保護当日は、突然のことでケージを用意できなかったため、段ボールの中で過ごしてもらうことに。すると翌朝、コミカルな姿を目撃。なんと、よつ葉ちゃんは段ボールの横にある持ち手の穴から半分、身を乗り出し、脱走を計画していたのです。

「もがき、今にも段ボールの外へ出そうになっていた姿が印象に残っています。元気だなと安心しました」

警戒心が強かった子猫が“人間好き”に大変身!

 その後、よつ葉ママさんはケージを用意。ケージはリビングに置くも、よつ葉ちゃんが人馴れや家慣れできるよう、ケージの中の様子を、じっと見すぎないことや過剰に構いすぎないように気をつけました。

 すると、よつ葉ちゃんは徐々におもちゃで遊ぶなど、活発な姿を見せてくれるように。よつ葉ママさんが粘着カーペットクリーナーを使っていると、ケージから手を出し、じゃれるようにもなりました。

 こうして、家族に馴染んでいったよつ葉ちゃんは人間が大好きな甘えん坊に。今では、リビングでひとりぼっちの時間が長くなると、大声を出して家族を呼びます。

「でも、リビングに行くと、大声で鳴いていたのが嘘だったかのように、背中を向けてサッと逃げて行っちゃうんです(笑)」



家族の中心は「よつ葉」になった

 よつ葉ちゃんのコミカルな行動は、他にもあります。例えば、家族が晩ご飯を食べている時には、よつ葉ママさんをじっと監視。

「家族の晩ご飯が終わると、よつ葉ちゃんのおやつタイムなんです。だからか、私が食べ終わるのを横で待つのですが、もう少しで食べ終わりそうっていうタイミングで腕によじ登り、おやつを催促してきます。とてもかわいいです」

 よつ葉と出会えてから、家族の中心がよつ葉になり、家の中が、より穏やかになった。そう話すよつ葉ママさんは毎日、よつ葉ちゃんに「ありがとう」を伝えています。

家族の人生をより豊かにしてくれる子猫

「寝息を立ててぐっすり眠っている姿を見ると、うちに来てくれて本当にありがとうと思わずにはいられません。よつ葉は、私たち家族の人生をより豊かにしてくれています」



 愛のこもった優しい「ありがとう」を聞きながら、よつ葉ちゃんはこれからも甘え、遊び、一生に一度のニャン生を楽しみ尽くしていくことでしょう。

<取材・文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>

【古川諭香】
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル