top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

メジャーデビューの「高嶺のなでしこ」、二十歳になった実感は「年金」だった!

asagei MUSE

 2月21日にシングル「美しく生きろ/恋を知った世界」で待望のメジャーデビューを果たす10人組アイドルグループの「高嶺のなでしこ」。asageiMUSEのメンバー直撃インタビュー第二弾では、各メンバーに対してより掘り下げた質問をぶつけてみた。

 二十歳を迎えたメンバー5人には大人になった実感について訊いたほか、オーディション加入組の7人と元ラストアイドル組の3人にはそれぞれの印象も語ってもらった。デビューから約1年半、彼女たちが成長してきた軌跡を、メンバー自身の言葉から感じ取っていただきたい。

高嶺のなでしこ プロフィール】
『JDOL AUDITION supported by TIF』の最終合格者7名と、2022年5月31日に活動を終了した「ラストアイドル」の元メンバー3名(松本ももな・籾山ひめり・橋本桃呼)、計10名によって2022年8月に結成。サウンドプロデュースはクリエイターユニットの「HoneyWorks」が担当している。メンバーは城月菜央・涼海すう・橋本桃呼・葉月紗蘭・春野莉々・東山恵里沙・日向端ひな・星谷美来・松本ももな・籾山ひめり。

高嶺のなでしこ

■「もう年金を納める年齢になったんだな」と実感

――この1月に「二十歳を祝う会」を迎えたメンバーにお聞きします。最近「大人になったなぁ」と感じたエピソードはありますか。

広告の後にも続きます

星谷美来 この前、日本年金機構からハガキが届いていて、「あ、もう年金を納める年齢になったんだな」と実感し、大人になったことを感じました。あと1月に同窓会があったんですけど、お酒を飲める年齢なので一時間半ぐらいの滞在でカシスオレンジを1杯だけ飲んだんです。その時に隣を見たら、友だちがビールを3、4杯飲んでいて、こんなに速いスピードで飲めるんだとびっくりしました。

籾山ひめり 私は高嶺のなでしこに加入してから一人暮らしを始めたんですけど、今までは家族に支えてもらいながら生活していたのが一人で全部やらなきゃいけないので、大人になったなって感じます。自分で決めることも多くなって、そもそもオンラインでお買い物するときもお母さんに聞いていたぐらい不安だったんですけど、今は必要なものとかを自分でネットで買えるようになりました。

 ほかは、メンバーと一緒にラーメンを食べに行ったんです! ワンマンライブが終わった後の23時とか24時くらいに、(橋本)桃呼と一緒に「ご飯会しよー」って行きました。「今日がんばったから」ってラーメンと餃子を半分こして、夜1時くらいに帰りました。

橋本桃呼 私はクレジットカードを差し込む瞬間に、ちょっと大人になったなぁって毎回思ってます。ラストアイドルのとき、大人のメンバーがクレジットカードで買い物をしているのを見て、密かに「カッコいいな」と思っていたんですけど、最近はコンビニでカードをレジに差し込むときとか、ちょっとドヤ顔してます(笑)。「大人になったなぁ」って思う瞬間ですね。

城月菜央(きづきなお)2003年12月25日生まれ、埼玉県出身

涼海すう(すずみすう)2007年8月22日生まれ、大阪府出身

城月菜央 高嶺のなでしこになってから貯金をするようになりました。その貯金額が、二十歳になったときにちらって覗いたら良い感じに貯まってて(笑)。それを見たときに、やっぱり小学生や中学生のときのお小遣いの貯金とは違って、ちゃんと貯まってるなって思えたので、それが「大人になったなぁ」と感じた瞬間でした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル