top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『夫を社会的に抹殺する5つの方法』妻によるメチャクチャな復讐を思わず応援したくなる仕掛けに「がんばれ!もっとひどいことを仕返してやれ

女子SPA!

昨年、人気を博したドラマ『夫を社会的に抹殺する5つの方法』のseason2が放映されている。

Season1では、暴言や暴力が募っていく夫と、夫の社会的地位や信頼を剥奪(はくだつ)することで復讐していく妻の姿が描かれ、女性たちの共感を得た。最後には夫の心の病が明らかになり、ふたりは再び向き合っていく。

息子を亡くし、心に何もない演技がすごかった

今回のseason2は、1とは少し異なったアプローチがされている。漫画家志望だった美咲(高梨臨)は、敏腕漫画編集者である透(栁俊太郎)と結婚して夢を諦めた。夫はテレビにも出演するイケメンの有名編集者で、周りからは羨(うらや)ましがられていた。

彼女は5歳の息子・優斗を心から愛しているが、息子はアレルギーをもっている。たまたま彼女が夫に息子を預けて外出したときに悲劇が起こる。息子がアナフィラキシーショックを起こして意識不明になったのだ。

この投稿をInstagramで見る

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2🔪【テレ東公式】(@tx_otosatsu)がシェアした投稿



息子の遺影の前に座り込み、日常生活を失う美咲。このときの高梨臨の演技がすごかった。目を開いているのに何も見ていない、心には何もない状態。オンエア3回目まで、ドラマは美咲の心理を丁寧に追っていく。まだ復讐は起こらない。

その後、正体を隠した謎の人物「仮面さん」からの連絡で、夫が浮気していたこと、息子を残して夫と愛人が出ていったこと、息子は夫の浮気相手が持ってきたマフィンを食べて倒れたことなどがわかっていく。

夫に復讐しても妻の心は満たされない

一方の夫・透は息子がいなくなったことは寂しいが、前を向いて生きようとする。

以前から出演していたテレビに復帰、息子が亡くなったことも赤裸々に告白、世間からは同情を集めていく。美咲としては、息子の死を仕事に活用しているように見える夫への不信感が募るばかりだ。

このあたり、セリフにはなっていないのだが、透がテレビ出演の件を妻に伝えたときの高梨臨の表情がすべてを物語っている。透は、そんな妻に「自分だけ悲劇のヒロインになっている」「責められているような感じ」を受け、それがプレッシャーとなってますます気持ちが愛人へと向いていく。

この投稿をInstagramで見る

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2🔪【テレ東公式】(@tx_otosatsu)がシェアした投稿



美咲は「仮面さん」からの連絡を待ち、復讐へと手を染めていく。夫が愛人と一緒にホテルに入っていく場面を妹に手伝ってもらいながら撮影、写真を夫の勤務先へと送りつけた。敏腕編集者を失いたくない会社は金で解決を図ってくる。

100万円の束をいくつも積み上げ、美咲はぼんやりした表情でそれを弄(もてあそ)んでいる。大金が手に入ろうが、夫がボーナスなしにされようが、彼女の心は満たされない。虚しさがつきまとう顔に復讐の快適さはないのだ。



「すべてが終わったら、ママも優ちゃんのところへ行くからね」

この投稿をInstagramで見る

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2🔪【テレ東公式】(@tx_otosatsu)がシェアした投稿



彼女の目的は何なのだろう、夫に復讐して楽しいのだろうかと観ている側に疑問が生じたころ、こんなシーンが差し挟まれた。

復讐のため出かける彼女が、息子の遺影の前に座ってこう言うのだ。

「すべてが終わったら、ママも優ちゃんのところへ行くからね」

彼女の覚悟がそう決まっているのなら、がんばれ、もっとひどいことを仕返してやれ、と思わず応援したくなる。ドラマの展開の妙だろう。

また、このドラマでは、「ごく普通の人たちがおりなす、ごく普通の日常生活」がときどき挿入される。近所の主婦たちが立ち話をしているところ、女子高生が連れ立って歩いているところ、公園で遊ぶ子どもたち、帰宅のために駅に向かう社会人たち。こうしたありふれた日常を見せることで、日常を失った美咲の気持ちが伝わってくる。

息子を忘れたのかと無言で責める妻/苛立つ夫

夫婦の気持ちはすれ違い続ける。

沈んでいる美咲を喜ばせようと、おいしいドーナツを買ってきた透。だが美咲は、「優ちゃん、それ食べられないから」とにべもなく拒絶する。アレルギーだった息子の目線で生きている妻に夫は愕然(がくぜん)としながらも、「そうだな」と箱ごとゴミ箱に捨ててしまう。

息子のことを忘れてしまったのかと無言のうちに責めるような言動をとってしまう妻、そして前に進めないことに苛立つ夫。

この投稿をInstagramで見る

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2🔪【テレ東公式】(@tx_otosatsu)がシェアした投稿



美咲は運転免許をとりたいと夫に伝える。免許なんかとらなくていい、用があるなら自分が車を出すからと言う夫。

「時間が合えば」と言う夫に、妻はふっと冷笑し、「合ったことなんてないから」とつぶやく。なんか絡んでくるね、確かに暇じゃないよ、オレのスケジュール見る? 夫もそうやって妻に絡んでいく。

ふたりとも口調は静かなのだが、お互いの苛立ちがどうにもならないほど空中でこんがらがっていくのが視聴者には見える。

そして夫が社運をかけた仕事の日。妻はその仕事をめちゃくちゃにするような仕掛けを、「仮面さん」の指示のもと、やりとげる。その帰り道、美咲は初めて、うっすらと微笑んだ。



心のどこかで「妻は自分をサポートするべき存在」

この投稿をInstagramで見る

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2🔪【テレ東公式】(@tx_otosatsu)がシェアした投稿



Season2では、夫は暴力はふるわない。あからさまに妻を侮蔑したような言葉も吐かない。妻は毎朝、夫のバッグをもって玄関先まで出てきて、夫に「行ってらっしゃい」とバッグを渡す。それを受け取って「行ってきます」と言う夫。

一見するとどこにでもあるような光景ではあるが、やはり夫は心のどこかで「妻は自分をサポートするべき存在」だという認識があるのだろう。仕事用のバッグくらい自分で最初から持って出ろと思わず言いたくなってしまう。

演技力が楽しみな大人のドラマ

現在6回目までオンエアされたドラマ、この先、妻の復讐はどこまでいくのだろうか。「仮面さん」は誰なのか。絶対に味方だからねと言っている美咲の妹は、本当に味方なのか……。そしてこの夫婦の行き着く先はどこなのか。

さらに復讐は進んでいくようだが、美咲を演じる高梨臨に少しでも本来の笑顔が戻ってくることはあるのだろうか。登場人物それぞれの演技力が楽しみなドラマでもある。

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】
フリーライター。著書に『くまモン力ー人を惹きつける愛と魅力の秘密』がある。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。Twitter:@viofatalevio



 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル