top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

インバウンド旅行客受入拡大に向けた意識調査で見えた課題とは?【第2回アンケート調査も実施中】

訪日ラボ

一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)は、2023年8月に実施した第1回に続き「2023年度第2回 インバウンド旅行客受入拡大に向けた意識調査」を実施中です。

前回の実施から約6ヵ月が経過した第2回の調査において、どのような変化があるのか注目されます。

そこで今回の記事では、第2回の実施概要とともに、第1回の調査結果を踏まえて浮かび上がった課題について解説していきます。


【実施中】インバウンド旅行客受入拡大に向けた意識調査

広告の後にも続きます

第2回の調査は、2024年2月1日(木)〜2月26日(月)の期間で実施中です。

国内事業者のインバウンド観光客受け入れにあたって、アンケートを実施した上で客観データとして抽出し、今後のインバウンドにおける喫緊並びに中長期的な課題の抽出が目的となっています。

調査の対象者は次の通りです。

  • 観光関連事業者
  • 自治体
  • DMO
  • DMC
  • 観光協会
  • 非営利活動法人
  • 営利活動法人

2023年度 第2回 インバウンド旅客受入拡大に向けた意識調査

第1回の調査で浮かび上がったインバウンド受け入れの課題:人手・人材不足が最大の難所に

2023年8月に行われた第1回の調査では、合計1,094件の回答が集まりました。第1回の調査後に発表された分析結果レポートでは、インバウンド観光客の受け入れにおける現状や課題についてまとめられていました。

【コロナ前・現在・今後】インバウンドにおける重点市場

コロナ禍前における、インバウンド観光客の受け入れの重点市場は台湾・中国・韓国・香港と答えた回答者が多く見られました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル