top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

福岡空港が生まれ変わり、エアポートシティとして飛躍する ~第2滑走路誕生まで、あと1年~

フクリパ

福岡空港では現在、2025年3月に供用を開始する第2滑走路の増設工事が進んでいます。第2滑走路の運用に合わせて国際線旅客ターミナルビルの増改築工事も急ピッチで進行中です。今後、国内線ターミナル地区では複合施設も建設されます。脱コロナ禍に向けて飛翔していく福岡空港の姿をレポートします。

福岡空港に魅力的な都市スポットが生まれる

2025年3月、既設の第1滑走路西側で増設工事中だった第2滑走路が、いよいよ供用を開始する。
従来、2,800メートル滑走路1本での運用だった福岡空港は長年、遅延や混雑などの課題を抱えていた。
今回、2本目として増設される2,500メートルの第2滑走路が供用されると、航空機の発着可能な滑走路処理能力も増えていく。

 

 

第2滑走路の供用開始を踏まえて福岡空港では現在、国際ターミナル地区において空港施設の新築・増改築工事を進めている。
あわせて、国内線ターミナル地区においても2025年度の完成に向けた施設を整備していく。

広告の後にも続きます

 

 

そして、福岡空港開設80周年となる2025年には、第2滑走路が誕生し、空港自体が魅力的な都市スポットに生まれ変わって新たな賑わいや活気を創出していく。
福岡市にとって、新たな魅力や可能性を秘める福岡空港の整備状況を見てみよう。

 

【国際線ターミナル地区】国際線旅客1,600万人に対応した一大施設群を整備

出所:梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・西日本技術開発共同企業体

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル