top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

2023年の訪日インドネシア人数は43万人でコロナ禍前の水準まで回復。消費額は2019年比155%:インドネシア最新インバウンドデータを徹底解説!

訪日ラボ

日本政府観光局(JNTO)が1月17日に発表した訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)によると、2023年の訪日インドネシア人数は42万9,400人でした。

同日、観光庁も2023年訪日外国人消費動向調査の結果を公表し、訪日インドネシア人旅行消費額は835億円で、過去最高額となりました。

訪日ラボでは、各データをもとに、国別に訪日客数、消費額、消費傾向などをまとめています。本記事では、インドネシア市場のインバウンド動向について、最新データを交えて解説します。


2023年の訪日インドネシア人客数は43万人。とくに4月に増加

日本政府観光局(JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年に訪日したシンガポール人数は42万9,400人で、コロナ禍前の2019年の水準まで回復しています。

▲訪日インドネシア人数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

広告の後にも続きます

2019年までは、訪日インドネシア人数は6年連続で増加しています。コロナ禍は落ち込んだものの、コロナ後の2022年からは東南アジア諸国のなかでも快調なペースで回復しています。

▲訪日インドネシア人数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

年間推移では4月の客数が多く、夏季期間にはいったん落ち込むものの、10月から12月にかけて増加する傾向にあります。

コロナ禍前の2019年と比較してとくに客数が伸びているのが4月で、20%以上も増加しています。一方で6月の客数は20%以上も減少していることが分かります。

2023年の訪日インドネシア人消費額は835億円。2019年比155%

観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査によると、2023年における訪日シンガポール人の旅行消費額は835億円で、2019年比155%となっています。

▲訪日インドネシア人消費額 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

2014年から2018年にかけて訪日インドネシア人の消費額は伸び続けていましたが、2019年には539億円と微減しました。その後3年間はコロナ禍を背景に大きく落ち込んだものの、2023年には835億円とコロナ禍前を大きく上回る額まで増加しました。

▲訪日インドネシア人消費額の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

年間推移で消費額が最も多い時期は、コロナ禍前の2019年は10-12月でした。2019年と比較して2023年はいずれの時期も消費額が伸び、最も多いのが10-12月、次いで4-6月でした。

▲費目別 訪日インドネシア人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル