top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

2023年の訪日イタリア人は15万2,400人で、一人あたりの旅行支出は世界一の伸び率。イタリア市場の最新インバウンドデータを徹底解説!

訪日ラボ

1月17日、日本政府観光局(JNTO)は訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)を発表しました。

統計によると、2023年の訪日外客数は2,500万人を突破。2019年比では78.6%にとどまったものの、 2023年12月の訪日外客数は273万4,000人と2019 年同月比で108.2%に到達するなど、訪日需要は急速な回復を見せています。

同日には観光庁が訪日外国人消費動向調査を公表。2023年における訪日外国人の旅行消費額は5.3兆円と過去最高を記録しました。

新型コロナウイルス感染症拡大前の盛り上がりを取り戻しつつあるインバウンド需要。本記事では、イタリア市場のインバウンド動向について、最新データを交えて解説します。

広告の後にも続きます


2023年の訪日イタリア人数は15万2,400人。2019年比93.6%、前年比600%超

日本政府観光局(JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年の訪日イタリア人数は15万2,400人でした。

年間の推移を見ると、1〜6月は2019年を下回っていましたが、7月以降はおおむね2019年を上回る傾向にあります。バカンスシーズンで温暖な地域への旅行需要が高まる12月はわずか600人ほど2019年を下回ったものの、新型コロナウイルス感染症拡大前とほとんど同等の水準となりました。

▲訪日イタリア人数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

直近10年間を比較してみると、2019年の水準にはわずかに届いていない一方、2023年の訪日イタリア人数は2019年比で93.6%。水際対策が緩和された2022年比では6倍以上も伸びており、イタリアにおける訪日需要は急速に回復しているといえそうです。

▲訪日イタリア人数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

イタリアの訪日需要の回復傾向の理由としては、航空券価格の落ち着きと直行便の回復、経由便航空商品の多様化などが考えられます。

2023年の訪日イタリア人消費額は511億円。一人あたりの消費額は最も高い伸び率

観光庁が公開した訪日外国人消費動向調査によると、2023年の訪日イタリア人の消費額は511億円で、5兆2,923億円で過去最高額を記録した2023年の訪日外国人旅行消費額の1%を占めています。ヨーロッパではイギリス、フランス、ドイツに次いで4番目に高い結果となりました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル