top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】

サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

【小倉大賞典枠順】重賞初制覇を狙うディープモンスターは1枠1番、福島記念2着のダンディズムは2枠3番

SPAIA

ディープモンスターは1枠1番

2024年2月18日に小倉競馬場で行われる小倉大賞典の枠順が確定した。重賞初制覇を狙うディープモンスターは1枠1番、福島記念2着のダンディズムは2枠3番に入った。


過去10年の枠別成績を見ると、1、2枠【4-4-3-25】連対率22.2%や7、8枠【3-4-2-31】同17.5%と内外の極端な枠が好走傾向。小回りかつBコース2週目の馬場を内で立ち回るメリットは大きそうだ。一方で直線が平坦で短いことから3~4角でレースが動きやすく、勝負所で仕掛けやすい外枠にも利点がある。馬のタイプと枠を照らし合わせるのが吉か。

1枠1番 ディープモンスター 58.5 浜中俊
1枠2番 カテドラル 58.5 斎藤新
2枠3番 ダンディズム 57.0 富田暁
2枠4番 アサマノイタズラ 55.0 嶋田純次
3枠5番 クリノプレミアム 55.5 勝浦正樹
3枠6番 アドマイヤビルゴ 57.5 荻野極
4枠7番 アルナシーム 57.0 鮫島克駿
4枠8番 フェーングロッテン 58.0 幸英明
5枠9番 セルバーグ 57.0 今村聖奈
5枠10番 マイネルファンロン 56.0 丸山元気
6枠11番 ロングラン 57.0 丹内祐次
6枠12番 エピファニー 57.0 杉原誠人
7枠13番 イクスプロージョン 57.0 亀田温心
7枠14番 ゴールドエクリプス 53.0 角田大河
8枠15番 ホウオウアマゾン 58.0 佐々木大輔
8枠16番 シフルマン 56.0 角田大和

《関連記事》
・【小倉大賞典】近10年で連対率50%の「1、2番人気×4歳」 軸候補は皐月賞5着馬ショウナンバシット
・【小倉大賞典】開催日数増加で近年は差し馬が台頭 狙うは唯一の前走小倉組ダンディズム
・【小倉大賞典】過去10年のレース結果一覧

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル