top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

金融システムの番人から、地域のお客様の支援者へ。組織の総力と人に寄り添う心で、時代の節目に立ち向かう、安部文仁氏インタビュー。

ファンファン福岡

徹夜も厭わない多忙さや、2〜3年おきの部署移動など、金融システムの番人としての激務も経験。
確かな経験があるにも関わらず、民間企業には頭が上がらないと頭を垂れるのは、しんきんさんの愛称で地域に根ざしてきた福岡信用金庫の理事長、安部文仁氏。
業界揃い踏みの100年時代を前に、その胸中に迫ってみました。

準硬式野球に明け暮れた大学時代が基礎

そもそもお生まれはどちらでいらっしゃるんですか?

安部:大分です。父が九州電力に勤めていて、大分県内の発電所を転々としていましたので、小さい頃は家族一緒に転居していました。
私が中学に入るころ、父は単身赴任をするようになり、それ以降は父の実家に母と姉と3人で暮らす形に。大学も大分からほど近い熊本大学に進学しました。

野球がお好きだったと伺っています

安部:中学からやっていましたからね。大学でも四六時中、野球漬けの毎日でした。

私がやっていたのは準硬式野球といって、使用球の見た目は軟式ボールなんです。外はゴムで、中は硬球。そういうボールを準硬式というんですが、部員が20数名でしたので、全員玉拾い、全員レギュラーみたいなチーム。ピッチャー以外は、なんでもやらされましたね。

毎日練習をされていたのですか?

安部:月曜は休みでしたけど、どんなに練習がキツくても、大学の講義は1日も休まなかったのが自慢です。1日休むとずるずるとなってしまいそうで嫌だったんですよ。
ただ、それ以外は毎日、野球中心の生活でした。

厳しくも楽しい準硬式野球で培った絆が今も支えに

私の性格やキャラクターは、ほぼその生活の中で形成されていったと思います。
準硬式野球部は良い意味での縦社会でしたけど、今でも人間関係は続いています。定期的にOB会などをやっては、当時の話で盛り上がりますね。人脈も性格も、私の基礎となっています。

金融システムの番人、激務の大蔵省時代

就職は大蔵省と公務員、どちらを先に志望されていたんですか?

広告の後にも続きます

安部:まず9月か10月くらいに国家公務員試験を受けて合格していました。
民間企業も受けましたけど、そこは全国展開の企業でして。長男だから、いつかは大分に帰るかもしれないと考えて、当時の大蔵省(現財務省)の地方採用というのを選択しました。
大蔵省の地方出先機関は3つあるんです。国税局、税関、そして私が30数年在籍した財務局。それぞれ地方採用の試験制度がありまして、よくわからないけど就職はしないと、という感じでした。

最初はどこに配属されたのですか?

安部:はじめは金融機関の業況調査や監督をする部署に配属されました。福岡県内の各銀行の預金、融資額を毎月計算して、先月末はトータルでこれくらいになった、どういう要因があって増えた減ったみたいなことを報告して、それを上司が記者発表するんです。そのためのデータ作りに関する業務を2年3ヶ月していました
それから小倉出張所で国有財産の管理処分業務を3年。その後、東京にある国の予算を作成する部署(主計局)で2年働きました。

福岡の財務局の管轄区域は?

安部:管轄区域は福岡、佐賀、長崎の北部九州3県なんですが、希望すれば東京の大蔵省にも行けるシステムがあったので、先輩に勧められて行きました。
「人や情報を学んでこい」と。若かったので、刺激を求めたのもあるかもしれません。

学生時代は仕事へのイメージが湧かず、地元に残れる仕事を選んだ

東京ではどんな業務をされていたのですか?

安部:国の予算を作る部署(主計局)のいわゆる下っ端です。
8月から予算編成作業が始まり、国会に通って予算が成立する2月3月くらいまでは、仕事が終わるのが毎日夜中の2時3時。地下鉄もなく、先輩と乗り合わせてタクシーで帰るんです。当時の私は独身でしたので、それ程ではありませんでしたが、妻帯者は気の毒でしたね。

上司の主計官たちは頭のいい人ばかり。私は理論武装が疎いもので、ずっと走り回っていて、肉体労働みたいな2年間でした。1人でやると辛い業務でしょうけど、全員での業務ですのでそういう意味では、今でもお付き合いさせていただいている方もいるくらい密度の濃い時間を過ごせたのではないかと思います。

残ったものは人と、情報と、新しい道

東京勤務後はどうされていたのですか?

安部:東京から戻ってからは、経済調査課で北部九州の地域経済の分析をはじめ、証券会社や貸金業者、あと労働金庫とかの監督業務など1年目と似た仕事を係長として2、3年おきに異動しながらやっていました。
一度、面白くも辛い仕事も経験したんです。財務局長の秘書係…いわゆる鞄持ちなんですけど、これがすごく記憶に残っています。局長だった方は、大変聡明で思考のスピードが速いので、私には何を考えているかわからないんです。毎日怒鳴られながら、たまに「お?今日は怒られなかった!」とか独り言を言っている、ほぼ付き人なんですけどね。
でも、そうやって、東京でも九州でも、人や組織、情報の掴み方を学んでいったと思いますね。

面白い人との出会いや思い出には思わず笑みが溢れる

金融機関関連の業務には戻れたのでしょうか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル