top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

マツダ「新ロータリーエンジン」の全貌! 燃費に難のある看板技術は脱炭素時代にどう復活するのか?

週プレNEWS


MX-30ロータリーEVのパワーユニットとなる1ローターエンジン「8C型」。発電機として昨秋に大復活

マツダがサプライズ的に新たなロータリーエンジンの本格的な開発を宣言し、大きな話題を呼んでいる。さらに昨年発表したコンセプトカーの市販化も!? どんなエンジンになりそう? 死角は一切ない? モータージャーナリストの藤島知子氏が解説する。

■大反響を巻き起こしたアイコニックSP

藤島 マツダの”至宝”である「ロータリーエンジン」に関する大きな発表が東京オートサロンでありました!

――東京オートサロンは、今年1月に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された世界最大級の改造車の祭典です。一方で新年恒例のクルマ業界の大イベントなんスよね?

藤島 はい。378社が893台を展示し、3日間で23万人以上の観客が押し寄せましたが、その初日(1月12日)、マツダの代表取締役兼CEOの毛籠勝弘(もろ・まさひろ)社長が報道陣に向け、今後の方針などの説明を行なう中で、「2月1日にロータリーエンジンの開発グループを立ち上げます」と高らかに宣言!

広告の後にも続きます

日本はもちろんのこと、世界的にも大きな話題となりました。


東京オートサロンで、事実上、新たなロータリーエンジンの開発を宣言した毛籠社長。SNSにはファンらの歓喜の声が飛び交った

――ファン爆上がりのウルトラサプライズでした。ちなみに現在のマツダにはロータリーエンジンの開発組織はなかったの?

藤島 同社でロータリーエンジンの開発組織が再結成されるのは約6年ぶりとなります。

――なぜこのタイミングでマツダは、伝家の宝刀ともいえるロータリーエンジンの再起動をブチ上げた?

藤島 毛籠社長は、「(昨秋に開催された)JMS(ジャパンモビリティショー2023=旧東京モーターショー)でお披露目したコンパクトスポーツカーコンセプト『マツダアイコニックSP』に多くの賛同や激励をいただいた。大変うれしくとても感激している」と語っていました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル