top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

大沢たかお「海外のお客さんにどう受け止められるか」主演を務めた超話題作が世界配信スタート! 「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」【インタビュー】

エンタメOVO

 かつて社会現象を巻き起こしたかわぐちかいじの大ヒットコミックを原作にしたAmazon Originalドラマ「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」(全8話)が、2月9日からPrime Videoにて世界独占配信される。日米が極秘裏に開発した原子力潜水艦の艦長・海江田四郎が突如、独立戦闘国家“やまと”を名乗って独立を宣言。日米をはじめとした世界を翻弄(ほんろう)する海江田の目的とは…? 日本の実写作品の常識を覆す大スケールで展開する迫真のポリティカル・サスペンスだ。配信開始を前に、プロデューサー兼任で主演を務めた大沢たかおが、作品に込めた思いを語ってくれた。

-昨秋公開の劇場版に未公開シーンを追加した前半と、その後の物語を描く後半からなる全8話という形で、いよいよシーズン1が世界配信されます。今のお気持ちをお聞かせください。

 テーマ性やスケール感など、色々な意味で今まで日本にはなかったタイプの作品です。僕たちは、この国の価値観や思いの中で、演劇的なことやVFXを含め、さまざまな面で忖度(そんたく)することなく、最先端を取り入れ、誠実に作品と向き合ってきました。それがいよいよ世界配信されますが、海外のお客さんがどんなふうに見てくださるのか、未知数です。

-期待と不安が入り混じっている感じでしょうか。

 もちろん、どんな反響が返ってくるのか、楽しみではありますが、それと同じくらい不安もあります。ただ、チャレンジしなければ成長はありませんし、お客さんにも楽しんでもらえません。だから、そこは腹をくくっていこうと。僕自身、そういうスリルとチャレンジを求めてこの仕事をしているところがありますし、そもそもこんな前例のない作品に参加しているメンバーはみんな、どこかクレイジーな人たちばかりですから(笑)。

-とはいえ、スケールの大きな物語やリアルなVFXなど、これまでの常識を覆すような作品で、日本の映像作品が新たな一歩を踏み出した印象を受けました。

 ただ、そういう一歩の踏み出し方は一方向ではなく、360度あらゆる方向にあるんですよね。今回、僕らはこういう直球のスケール感とエンターテイメント性と政治性で勝負しましたが、より小規模でも、ドキュメンタリー的な方向でも、音楽ベースの世界観でも、これからは無限に切り開いていける可能性がある。ただし、曖昧だったり、ちゅうちょしたり、“置きに行く”ようなことをすれば失敗します。だから、僕らも変に忖度することなく、原作にあった日米安保や核の存在に関わる台詞はきちんと残していこうと。それが可能になったのも、Amazonスタジオが出資してくれたからです。

-太平洋戦争のような過去の戦争ではなく、現代を舞台に「米国」や「第7艦隊」などの国や組織が実名で登場し、日本が戦闘状態に巻き込まれる様子をリアルに描いている点が、日本の実写作品としては画期的です。

広告の後にも続きます

 政府や官僚、さらにはマスコミから国民まで、日本という国がいかにしてこの危機的な事態に対峙(たいじ)していくのか。それをエンターテイメントとして見せるのがこの作品の面白さです。そこを曖昧にすると、作品の魅力が失われてしまいますから。

-おっしゃる通りです。

 しかも、日本政府に関して、誰もが歯切れよくズバズバ決断していくような描き方をするのもリアルではありません。むしろ、周囲の顔色をうかがって忖度しつつ、アメリカのご機嫌も取りつつ…という描写の方が、僕らにとってはリアルなはずです。ただし、それがアメリカの観客にとっては、物足りなく感じるかもしれません。世界中が日本に関心を持つこの時代、この作品がどう受け止められるのか。それは、やってみないと分かりません。とはいえ、中途半端にかっこつけるようなことはすべきではないと思っています。そんなことをすれば、失敗するだけですから。

-覚悟がうかがえるお話です。では次に、海江田四郎を演じる上で心掛けたことを教えてください。

 お客さんに、海江田の真意をつかませないようにしようと。原作を読むと、顔立ちがりりしいこともあり、「世界を変える善良な人間」のように見えるんです。これまでは、それでよかったのかもしれません。でも、原作が連載されていた昭和や平成が過ぎ去り、以前は想像もしなかったことが次々と起きる令和のこの時代、果たしてそんな主人公に皆さんが魅力を感じるだろうかと。

-確かにそうですね。

 原作ではそうは見えませんが、視点を変えると、海江田の行為は「テロリストの暴挙」とも言えます。そこを前面に押し出せば、今の時代にふさわしいビターなエンターテイメントになるのでは、と。映像化する上で最も困難な選択でしたが、そんなことから、よりダークな方向で海江田のキャラクターを作り上げていきました。

-本作を通して、新たな発見はありましたか。

 ドキュメンタリーやニュースでは言えなくても、エンターテイメントなら言えることがあり、それによってよりリアルに感じられるものがあることに気付かされました。

-具体的にはどのようなことでしょうか。

 先ほどお話しした忖度のない台詞がまず一つ。さらに今回、海上自衛隊から本物の潜水艦を借りて撮影していますが、それが可能になったのも、これがエンターテイメントだからです。お借りするとき、「エンターテイメントですよね」と念を押されましたが、仮に「海上自衛隊のドキュメンタリー」だったら、借りられなかったに違いありません。「エンターテイメントとして日本の皆さんが楽しんでくれるなら」と、海上自衛隊も協力してくれるわけですから。そういう意味では、製作を進める中で色々な気付きを得られた作品でもありました。それが、皆さんにも伝わったらうれしいです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル