top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

玉城ティナ「おばあちゃんになっても共演できたら」 飯豊まりえ「ティナと共演できるとは」 高校以来の親友同士がダブル主演「君と世界が終わる日に」Season5【インタビュー】

エンタメOVO

 “ゴーレム”と呼ばれるゾンビが蔓延る終末世界を舞台に、人類が過酷なサバイバルを繰り広げる大ヒットシリーズ「君と世界が終わる日に」。そのファイナル・プロジェクト第1弾として絶賛公開中の『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』に続き、第2弾のSeason5が、2月9日からHuluにて独占配信中。劇場版とは異なる“もうひとつの物語”は、どんな結末を迎えるのか。気になるその行方と共に注目を集めるのが、高校時代からの親友である玉城ティナと飯豊まりえのダブル主演だ。舞台裏を振り返ってくれた。

-3年にわたる長い物語がついに完結します。いつ誰が脱落するかわからない中で、ファイナルまでたどり着いたお気持ちは?

飯豊 正直、最後まで出演できるとは思っていませんでした。Season1の頃は、放浪グループの1人として、竹内涼真さん演じる間宮響と行動を共にしていたのですが、私が演じる柊木佳奈恵は秀でた能力があるわけでもないですし、集団行動も苦手で、自分のことしか考えられない普通の女子大生だったんです。それが、終末世界の中でここまで誰かを思い、人のために行動できるようになるとは…。人は環境次第で変わることができるんだなと、撮影開始からこの4年で実感しました。

玉城 私はSeason4からの参加で、演じる新山明日葉はこういう世界では珍しい、すごく清い心を持った女性なんです。でも、そういう人だからこそ、他の登場人物たちに何かを感じさせ、逆に明日葉自身もいろんなことを感じることができたんじゃないかなと。だから、Season5にも出演し、さらに成長できたことがとてもうれしいです。

-お二人は高校の同級生で、これまでも共演経験があるそうですが、今回改めて共演した感想は?

飯豊 Season1の第1話を、ティナの家で一緒に見たんです。

玉城 見たね。懐かしい。

広告の後にも続きます

飯豊 その時はまだ、続編の製作もSeason2までしか決まっていなかったので、まさかSeason4から共演できることになるとは夢にも思わなかった。

玉城 何が起こるか、分からないね。

飯豊 でも、共演することがわかった時は、意外に淡々と受け止めた気がする。

玉城 うん。私たち、結構冷静なんだよね。私は誰に対しても同じような感じなんだけど、接地面が大きすぎないというか。それぞれ独立した人間として生きている感じで(笑)。

飯豊 本当にそう。お互い、仲のいいお友だちは他にもいるんだよね。でも、私たちは共演して仲良くなったわけじゃなく、元々「高校の同級生」から関係が始まっているから、他とはちょっと違う感じもあって。なんていうか…。

玉城 安定、みたいな感じ。それぞれ個性が全然違うけど、要所、要所でお互いを必要とする場面があって。だから、仲良くいられるのかも。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル