top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宮藤官九郎、大学中退時に「見捨てないで」と両親に詫び状

SmartFLASH

 

 宮藤官九郎が、1月4日放送の『ファミリーヒストリー』(NHK総合)で、知られざる両親との関係を語った。

 

 宮藤の父は教師で、人との絆を大切にして、さまざまな会合に出ていたという。「人の中で人は育つ」と教えられ、人前で一芸を披露する父に子供の頃は恥ずかしい思いもしたが、「自分の今の仕事にもつながりがある」と回顧。

 

広告の後にも続きます

 

 18歳で宮城県から上京して日本大学に入るが、劇団「大人計画」の活動にのめり込み、大学中退を決意。その際の手紙が公開され、「信頼を裏切ったことを、すべての面で深く反省しています」「どうか見捨てないでください」と書いてあった。この詫び状に両親は覚悟を感じて、「応援しましょう」と決意した。

 

 宮藤は脚本家として大成し、放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合)でも脚本を担当。同作ではビートたけしが古今亭志ん生役で語り手を担当。その理由を毎日新聞で明かしていた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル