top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「春になったら」“岸”深澤辰哉の宣戦布告シーンに注目集まる  「岸くん暴走し過ぎ」「深澤さんのお芝居が良かった」

エンタメOVO

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第5話が12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまでにやりたいことリスト」を実現していく、ハートフルなホームドラマ。

 瞳(奈緒)の計らいで岸(深澤辰哉)と会った雅彦(木梨)は、葬儀会社に勤める岸に、自分の葬式を仕切ってほしいと頼む。岸は、自分の余命をあっけらかんと話す雅彦の頼みに戸惑いを隠せず、瞳もまた、葬式のことなど想像したくないと怒り出す。

 しかし、そんな2人をよそに、雅彦はあらかじめ決めたプランで最後は明るく見送られたいと話し、自分が望む最高の葬式プランを考えるべく「人生ノート」を書き始める。

 その頃、学習塾の講師として働き始めた一馬(濱田岳)は、正社員としての雇用が決まる。経済的に安定し、これで雅彦にも瞳との結婚を認めてもらえるはずだと喜ぶ一馬だが、それはすなわち、正式に芸人を辞めるということ。

広告の後にも続きます

 話を聞いた瞳は、余命わずかな雅彦に娘の花嫁姿を見せたいという一馬の優しさを理解しつつも、モヤモヤした気持ちが募る。

 一方で、一馬の決断は、気付かないうちに龍之介(石塚陸翔)との親子関係にも暗い影を落とし…。

 放送終了後、SNS上には、「雅彦の『無責任なこと言うよ、親だから』というせりふに大号泣。今回も最高だった」「忘れられない思い出が『瞳が産まれたとき』なのは、娘からしたら号泣もの」「ママがいない瞳ちゃんにとって、節子先生(小林聡美)が受け入れてくれるのはありがたいなと思った」などの感想が投稿された。

 また、瞳に長年思いを寄せる岸が一馬に「本当に瞳を幸せにする気がありますか?」「瞳にあなたはふさわしくない」などと宣戦布告するシーンにも反響が集まり、「友達の婚約者に結婚を辞めろと言うのは、岸くん暴走し過ぎ(笑)」「岸くんが瞳に自分の気持ちを打ち明けられないもどかしさから、カズマルくんに言い過ぎちゃったね」「大切な友であり、好きな人だから岸くんもキツく言っちゃうよね」「岸くんにちょっとイラっとするくらい、深澤さんのお芝居が良かった」といった声が寄せられた。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル