top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「君が心をくれたから」“雪乃” 余貴美子の終活とボイスレコーダーに視聴者涙 「余さんの演技、声、表情の作り方とか本当にすごい」

エンタメOVO

 永野芽郁が主演するドラマ「君が心をくれたから」(フジテレビ系)の第6話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、主人公・逢原雨(永野)が、愛する男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まる、過酷な「奇跡」が引き起こすファンタジーラブストーリー。脚本は小説家・宇山佳佑氏によるオリジナル。

 雨は、太陽と付き合い始めた。雨の祖母・雪乃(余貴美子)がガン闘病で入院していることもあり、雨のことが心配になった太陽は、雪乃の家で彼女と一緒に暮らし始める。

 雪乃の部屋を掃除していた雨は、古いボイスレコーダーを見つける。雪乃と雨は、そのボイスレコーダーを使って互いにメッセージを録音し、声の交換日記をしていたことがあった。当時小学生だった雨にとって、優しくて温かい雪乃の声は一番大切な宝物だった。

 その後、雪乃が入院している病院から、容態が急変したとの知らせが入り、雨は病院へ駆け付ける。すると雪乃は、帰宅したいと雨に頼む。雨は悩むが、太陽から「大丈夫、俺もいるから」と励まされ、帰宅する。

広告の後にも続きます

 その後、雪乃は、雨の母・霞美(真飛聖)を連れた、家族旅行に行きたいと話す。そして太陽も交えた家族旅行に出発すると、とある海岸へ向かう。雨は霞美から自分の名前の由来を聞き、新たな親子関係を築こうとする。

 放送終了後、SNS上には「余さんの演技、若い頃の声、年取った声、表情の作り方とか本当にすごい」「雪乃ばあちゃん、涙腺崩壊した」「嗚咽(おえつ)するほど泣いた。ばあちゃんが恋しくて、会いたくて涙止まんない」などの声が投稿された。

 また、このほか「雨ちゃんの名前の由来がすてきだった。ばあちゃんのボイスレコーダーも涙止まらなかった」「雨ちゃんが自分の名前を受け入れ始めることができてよかった」「親と子、孫のやりとりをそばで見守る太陽の存在、セリフは少なくても声のトーンや表情に惹(ひ)かれた」などの声も投稿された。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル