top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

山崎貴監督、憧れの“神様”スピルバーグ監督との対面に大感激 「もうこんなのどうした良いの…」

Sirabee

映画『ゴジラ-1.0(ゴジラマイナスワン)』の監督、脚本、VFX(視覚効果)を手がけた山崎貴監督が13日、自身のX(旧・ツイッター)を更新。世界的巨匠スティーブン・スピルバーグ監督と対面したことを明かした。

 

■「神様に会いましてん」

同作は「第96回アカデミー賞」で、日本映画として初めて「視覚効果賞」にノミネートされており、米国で行われた、オスカー候補者ら映画関係者が一堂に会する昼食会「ノミニーズ・ランチョン」に出席した山崎監督。

「神様に会いましてん。もうこんなのどうしたら良いの? 泣く」と感激した様子で、スピルバーグ監督と肩を組んでいる2ショット写真を投稿。「しかもゴジラ3回観てくれてて、キャラクターがいいって言ってくれて、ゴジラのフィギュアも嬉しそうに貰ってくれて…」と、スピルバーグ監督が映画を気に入っていることを明かした。

 

広告の後にも続きます

関連記事:桐谷さん、『夜ふかし』で2023年ベスト映画を発表 「内容が素晴らしくて…」

■『未知との遭遇』に影響を受ける

さらに『ゴジラ-1.0』の公式アカウントも、「本日、アカデミー賞のノミネート者が一堂に会するノミニーズ・ランチョンでした。スティーブン・スピルバーグ監督は、『ゴジラ-1.0』を3回観ていただいたそうです!」と、笑顔でゴジラのフィギュアを手にしているスピルバーグ監督の写真を公開している。

山崎監督は、中学生のときにスピルバーグ監督の『未知との遭遇』などを見たことをきっかけに特撮の仕事を志すように。現在では映像効果の分野において、日本映画における第一人者として知られている。

 

関連記事:浜辺美波、庵野秀明氏&山崎貴監督の“秘密の愛称”を告白 夢の共演ショットも

■「自分のことのよう」「何か泣ける」ファンも喜び
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル