top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

谷原章介、大谷翔平に感服する武井壮にニヤリ 「百獣の王、負ける…」

fumumu

13日、朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)で、韓国での開幕戦に向けて調整を行っているドジャース・大谷翔平選手を取材。

昨年9月に右肘手術を受けたばかりとは思えないほどパワフルな打撃練習の様子に、タレントの武井壮さんが驚きの声をあげていました。


■21スイング中で10本が「柵越え」

大谷選手は12日(日本時間13日)、米アリゾナ州グレンデールのキャンプ地で、昨年9月に右肘の手術以来はじめてとなる屋外での打撃練習を行いました。

結果、21スイング中で10本が「柵越え」と絶好調な様子を見せ、なんと柵越率は48%。驚異的な頻度で快音を響かせており、取材した記者は「いつ試合がはじまっても大丈夫なように見える仕上がり」と評しています。


広告の後にも続きます

関連記事:新成人、泥酔して暴力や逮捕も 武井壮が斬新な提案「広場を用意して…」

■記者は「生デコピン」との遭遇に期待

20日、韓国・ソウルで行われる予定のパドレスとの開幕戦に向け調整を行なっている大谷選手。

同番組記者によると彼はホテル宿泊などではなく、近くに家を購入して通っている可能性があるそうです。理由として愛犬のデコピン君を帯同させていることがあげており、アリゾナに自宅を構えて練習に打ち込んでいることが予想されるとのことです。

また、大谷選手のみならず練習場に愛犬を連れて来る選手もいるようで、取材記者は「生デコピン」と遭遇することに期待を寄せているもようです。


関連記事:武井壮、愛犬の倒し方を聞いてくるファンにクレーム 「やめてくれ」

■プラスチックバット並みのスイング

司会の谷原章介さん「20数球中に10本くらい柵越ということで、右肘の状態はいいのかなぁと思いつつも、サポーターをしているのは心配ですけどね」とコメント。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル