top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『運動不足の猫』にみられる兆候5選 放っておくと病気につながる?取るべき対策とは

ねこちゃんホンポ

猫の運動不足を示す兆候

猫が適切な運動量を満たしていない場合、さまざまなサインが表れることがあります。

次のような兆候がないかチェックしてください。

1.おしりが大きくなる

愛猫のおしりが大きくなったと感じたら、すでに運動不足かも知れません。

実は、日本で暮らす猫の約42%が肥満だといわれています。

自然界で生きていくためには、狩りが成功しないと食べることができません。そのため、猫の身体はエネルギーを節約するようになりました。その代謝傾向は、イエネコになった今も引き継がれています。

広告の後にも続きます

しかし、現代の飼い猫にとっては、このエネルギーの節約が肥満の原因となってしまうのです。

猫はおしり・お腹周りから太り、次第に背中や首にも脂肪がついてきます。もし、背骨や肋骨を触ったとき、皮下脂肪で骨に触れないようなら、それはもう「肥満気味」かもしれません。

2.過剰なグルーミング

猫が過剰なグルーミングをはじめるようになったら、運動不足によるストレスの可能性があります。

運動量が足りず、食事で得たエネルギーが適切に発散されないと、エンドルフィンが不足してストレスが解消されなくなるためです。

※エンドルフィンとは、運動によって放出される神経伝達物質のひとつで、気分の高揚や多幸感があるといわれています。

猫が過剰にグルーミングしすぎてしまうと、次のような弊害が出てきます。

脱毛(舐めハゲ) 舐めすぎによるキズ 毛の飲み込みによる消化器の不調や毛球症
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル