top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

小1娘と『バレンタインのチョコ』を作る父 理由に「これは号泣する」「父親の鑑かよ」

grape [グレイプ]

『夫は仕事、妻は家庭』という時代から移り変わり、夫婦で同じ作業を協力するようになった現代。

今や、父親が子供の世話をするのは当たり前のことであり、一時はよく耳にした『イクメン』という言葉も廃れつつあるでしょう。

そんな中、X(Twitter)で、ある男性の投稿に「父親の鑑だ」という称賛の声が相次いでいます。

父親を泣かせた、小学1年生の娘の『ひと言』

多くの人から称賛の声やエールが寄せられたのは、2児の父親であるケポ(@kepo_05110201)さん。

2024年の2月中旬、かわいい小学1年生の娘によって、大人であるケポさんは涙を流さざるを得なくなったといいます。

広告の後にも続きます

ケポさんのハートを粉砕させたのは、娘さんのひと言。誰もがケポさんの心境を察してしまうであろう、娘さんの発言がこちらです…。

「パパ!好きな男の子に渡したいから、チョコの作り方を教えて!」

毎年2月14日は、バレンタインデー。意中の相手や、親しい人に想いを込めたチョコレートを渡す日です。

『かわいい我が子に好きな人がいる』という爆弾発言にダメージを受けながらも、健気にチョコレート作りを手伝う、ケポさん。

我が子に意中の相手ができるのは、成長を感じ、親として嬉しいもの。一方で、親離れを実感させられ、複雑な感情を抱いてしまうのは無理もありません。

涙を流しながらも、我が子の恋路を応援するケポさんの姿に、多くの人が拍手を送りました…!

・さびしい気持ちを抑えながら応援するの、父親の鑑かよ…。

・俺でもこれは号泣する。でも、良好な親子関係を築いている証拠だよ…!

・この投稿を見て、小学生の我が子に、つい「好きな子…いる…?」と確認をしてしまった。

「小学1年生のかわいらしい感じで、むしろよかった。高学年になって急にいわれたほうが、想像するだけでショック」と正直な親心を明かす、ケポさん。

娘さんの愛とともに、父親の複雑な気持ちも込められたチョコレートは、バレンタイン当日、娘さんが好意を寄せる男子に届くのでしょう…!


[文・構成/grape編集部]

出典 @kepo_05110201
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル