top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

関口メンディー、ダンスをはじめた理由を赤裸々に告白 「最高です!」と同性から共感

fumumu

12日、『わたしの通学ロード』(カンテレ)のゲストにGENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーさんが出演。

大学でダンスを始めた理由を明かし、MCの俳優・工藤阿須加さんが強く共感する場面がありました。


■「野球以外なかった」少年時代

今回は、ゲストのメンディーさんが中学時代に通っていた東京・品川の通学ロードを巡りつつ、メンディーさんのこれまでを振り返ります。

現在はグループのパフォーマーとして活躍するメンディーさんですが、子供時代は野球一筋だったそうで、6歳から野球を始め、高校3年生まで12年間続けていたといいます。

広告の後にも続きます

通学ロードのVTRには、メンディーさんが所属していた少年野球チームのコーチも登場。当時のメンディーさんについて「彼には野球以外なかったと思います」「熱心に練習を頑張っていました」と、野球少年だった様子を回顧。

また、コーチによるとメンディーさんは「とにかく大人しかったですね」とのこと。「今の彼を見ると、真逆に感じます」と、パフォーマーとしてのメンディーさんと子供時代とのギャップに驚いている様子を見せました。


関連記事:白濱亜嵐、理想の結婚相手を語り反響 「音楽家一択じゃん!」「歌手?」

■高校卒業と同時に野球を諦め…

高校卒業まで野球一筋だったメンディーさんですが、大学に入るタイミングでダンスに転向。じつは、大学でもずっと野球を続けたいと考えていたものの、野球で推薦を取ることができなかったのだとか。

「ここはスパッと野球は諦めよう」と、大学進学とともに野球の道は諦め、体育の先生になるための勉強をすることに。しかし「とはいえ、大学生活って時間がありそうな感じはしてたので、何か新しいこと始めたいなと思った」と話し、「シンプルに男子校だったんで、下心で『モテたい』と思って」とダンスをはじめた理由を告白しました。


関連記事:関口メンディーのタピ活に心配の声 「牛乳アレルギーなのに…」

■「取り返したいな青春を」
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル