top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

長濱ねる、20人の園児たちと一緒に“手話ダンス”披露「これからもいっぱい手話を使ってほしい」

WEBザテレビジョン

長濱ねるが、2月13日に東京・渋谷区立千駄谷なかよし園で開催された「しゅわしゅわ☆デフリンピック!」お披露目イベントに登場。20人の幼稚園児たちと一緒に笑顔でダンスを披露した。

■「しゅわしゅわ☆デフリンピック!」とは

「しゅわしゅわ☆デフリンピック!」は、2025年に日本で初めて開催されるデフアスリートによる国際スポーツ大会「東京2025デフリンピック」に向けて、子どもたちが手話単語に触れるきっかけにしてもらうことを目的に東京都が制作した楽曲。手話単語の動きを振り付けの一部に取り入れ、聞こえる聞こえないにかかわらず一緒に踊り、楽しむことができるダンスとなっている。

「東京2025デフリンピック」応援アンバサダーを務める長濱は、園児たちが待ち受ける会場に笑顔で入場すると「皆さんこんにちは!デフリンピック応援アンバサダーの長濱ねるです。今日はよろしくお願いします」と手話を交えてあいさつ。園児と一緒に踊ることについて「楽しくみんなと一緒に元気いっぱい踊りたいと思います」と期待を膨らませた。

■長濱が園児たちと一緒にダンス

長濱は園児と共に「しゅわしゅわ☆デフリンピック!」の振り付けを担当したすかんぽの入江浩子、ろう者子役・モデル・ダンサーの栗田実唯による指導の下、手話を取り入れた同曲のダンスの振りをしっかりと確認。そして元気いっぱいの園児たちを前にニコニコしながら「しゅわしゅわ☆デフリンピック!」を軽やかに披露した。

ダンスを終え、長濱は「楽しかったです!みんなと一緒に『こんにちは』ってしたり、手話も覚えてくれたので、これからもいっぱい手話を使ってほしいなと思います」と園児たちに呼び掛けた。

なお、デフリンピックは、デフ(Deaf=英語で『耳がきこえない』という意味)アスリートによる国際スポーツ大会。フラッシュランプや旗を用いるなどの工夫がされており、第1回大会は1924年にフランスのパリで開催された。オリンピック同様、4年に一度夏季大会と冬季大会が行われ、第25回大会の「東京2025デフリンピック」は100周年の記念大会となる。70~80カ国・地域から約3000人の選手が出場し、2025年11月15日(土)から26日(水)まで東京・駒沢オリンピック公園総合運動場ほかにて開催される。

◆取材・文・撮影=月島勝利(STABLENT LLC)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル