top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

NMB48川上千尋が「FINAL FANTASY」の舞台に出演「世界感を壊さないように演じたい」

Walkerplus

「FINAL FANTASY」の大人気タイトル、「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS 幻影戦争」が舞台化された「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS 幻影戦争 THE STAGE」が2024年2月23日(祝)からヒューリックホール東京にて上演される。鉄の美姫として知られる大国ホルンの王女マシュリー・ホルン役を演じるNMB48の川上千尋(NMB48)さんに出演にあたっての意気込みを聞いた。

■「ちゃんとマシュリー・ホルンとして、認めてもらえるようなお芝居ができたらなと」

――まずは出演が決まったときの気持ちから教えてください。

「FINAL FANTASY」は誰もが知ってる人気タイトルなので、演じるのが私でいいのかなっていう気持ちになりました。

――これまで「FINAL FANTASY」のコンテンツに触れ合ったことはありましたか。

これまで触れ合ったことはなくて、出演のお話をいただいてから、携帯のアプリで楽しめる「FFBE幻影戦争」をダウンロードしてちらっとやってました(笑)。

――やってみてどうでしたか。

こういうキャラクターでこういう世界観でというのがよくわかりました。稽古期間中に、どっぷりハマりたいなと思っています。

この世界観を舞台でどう表現するんだろうっていうのも楽しみで、衣装を着させていただいたときに、こんな感じなんだって。自分のサイズに合わせて作ってくださった衣装っていうのが、すごいうれしかったです。

――公式サイトの動画でも少し紹介されてましたが、どんな衣装になるのでしょうか。

動きやすいドレスみたいな感じになっています。採寸から始まって、ある程度出来上がった状態でこんな感じにしようみたいなやり取りがありました。もうちょっとここを切ろうかとか、足そうみたいなそういう細かい作業を目の当たりにしてるので、衣装を大事にしていきたいなって思いましたし、胸が躍りました。

動きやすさを考えてくださっていて、着た感じがとても軽かったです。靴がヒールなので履きこなせるかがちょっと心配です。ふだん履いているヒールは厚底タイプのものが多くて。今回は後ろだけが上がったタイプのヒールの靴なので、ちょっと前のめりになりがちです。そのヒールでいっぱい動いたりするので稽古中もヒールを履いて練習した方がいいんじゃないかなって。ヒールを履きこなして、かっこいい姿をお見せできるように頑張ります。

――今回演じる王女マシュリー・ホルン役について教えてください。

マシュリー・ホルンは、こういう強さをもった女性になりたいなと思わせてくれる人です。発する言葉がすごい強くてみんなを引っ張っていくタイプ。

男だけが戦いに行くんじゃなくて、自分も参加したいっていう気持ちがあったりとかして、お嬢様らしくないお嬢様なんですけど、国を守ろうとするひたむきな姿勢について行きたくなります。NMB48で言えばキャプテンみたいな感じの、強い女性像にすごい憧れます。

――逆に言うと、川上さんはそんなに強くないってことになりますよね。

アイドルとして年数を重ねていって、強くなってきたかなと思うんですけど、みんなを言葉で引っ張るとかはなかなか難しいことだと思うので、率先してついて来いって言える人はすごいなって憧れます。

――逆に今回の役柄とここは似ているから演じやすいというのがあれば教えてください。

誰でも弱い部分があると思うので、特定の人にだけ少し見せる弱さっていうのが、同じ人間なんだなって思いました。

――役柄の強さみたいなものを感じながら私もそういう人になりたいと感情移入しながら、台本を読み進めているとは思うんですけど、演じるうえで意識していることを教えてください。

元々声を担当されてる方がいらっしゃったり、ファンの方がいらっしゃる作品なので、とにかく失礼のないように演じたいと思います。最初はどうしても違和感があるかもしれませんが、観ていくうちに、ちゃんとマシュリー・ホルンとして、認めてもらえるようなお芝居ができたらなと。

女王様らしく命令口調が多いので凛とした姿だったり、姿勢にまずは気をつけてみたりとか、声色をちょっと低めにしてみたりとかを意識して実践したいなって思ってます。

■「声と音だけでお届けするストレートプレイなので、今までとほんと少し違うと思います」

――殺陣もあるのでしょうか。

はい。あります。私は逃げまくる方です。魔法の杖を持っているんですけど、どう持ったらかっこいいのか、どう避けたらいいのかなど、そういう部分は工夫しないとなって思います。

――この舞台の見どころを教えてください。

「FINAL FANTASY」の世界観を舞台でどう表現していくのかっていうのが見どころなんじゃないかなって。個性的なキャストが集まってるので、プレッシャーもあるんですけど、そのプレッシャーを糧にして、めっちゃよかったねって言ってもらえるような作品にしていきたいです。声と音だけでお届けするストレートプレイなので、今までとほんと少し違うと思います。

――この作品を通じて、川上さんが大きく変わりそうだなって予感しているものはありますか。

今後もお芝居に挑戦していきたいと思っていますし、女優になりたいという夢もあるので、何か一つのターニングポイントになれたらいいなって思ってます。お芝居を経験されてるすごい方が周りにいっぱいいらっしゃるので、お芝居だけでなく、人間性だったりいろんなことを学んでいけたらなって思ってます。

――皆さんにいつも聞いているんですけど、台詞はどうやって覚えていますか。

舞台では台詞を全然覚えられなくて、皆さんと一緒に稽古して、その場に立ってみて、台詞合わせをしないと覚えられないタイプだったんですけど、「アイドル失格」のドラマ撮影のときは、台本を家で読んで覚えていけたんですよね。それがすごい不思議で、自分の気持ちも若干違うのかなって思いました。

――今回はどうでしょうね。NMB48メンバーもいないですもんね。

前もってしっかりと台詞を覚えていかないといけないと思っています。ギリギリまで台本を持っていてもいいよみたいなタイプの演出家さんにずっと見てきてもらってたので、今回はどういうタイプの演出家さんなんだろうっていうドキドキもあったりします。

――皆さんによく聞くんですけど、役柄が憑依するタイプですか。

私は憑依はできないタイプだと思っているので、指摘されたことを改善していって、積み重ねていって、キャラクターに近づけるっていうことが多いですね。

でも「アイドル失格」で萌ちゃんを演じたときは台詞で嫌なことを言うときが多くて、めちゃめちゃ嫌な奴で、私生活もちょっと嫌な奴になりかけていたかもしれません。それって憑依してたのかなって思いました。

女王様が憑依したらさすがにやばいじゃないですか(笑)。だからキャラクターに近づけるために、姿勢だけでも私生活で意識できたらなと思っています。

――最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

東京のみで開催する公演なんですけど、やっぱり大阪のファンの皆さんも全国の皆さんも気になる「FINAL FANTASY」という題材だと思うので、率直に観に来てほしいなっていう気持ちが強いです。今まで出演させていただいた舞台の経験も生かされていると思うので、全身全霊で「FINAL FANTASY」の世界を壊さないようにマシュリー・ホルンとして生きたいと思います。

撮影・取材・文=野木原晃一
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル