top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【フェブラリーS】混戦模様もキングズソードら東京大賞典組が上位か 参考レース振り返り

SPAIA

舞台は東京ダート1600m

今年最初のGⅠとして、東京競馬場ダート1600mを舞台に争われるフェブラリーS。昨年の優勝馬レモンポップ、ドバイワールドCを制したウシュバテソーロ、ブリーダーズCクラシック2着のデルマソトガケはいずれもサウジCへと矛先を向けた。そのため、やや寂しいメンバー構成となった印象だが、大混戦の様相で多くの馬にチャンスがあるともいえる。ここでは出走を予定している馬たちの主な参考レースを過去10年のデータとともに振り返っていく。

なお、今年は【3-3-2-9】勝率17.6%、連対率35.3%、複勝率47.1%と相性が良いチャンピオンズCからの出走予定馬はいない。


根岸S【データ:A メンバーレベル:C】

過去10年の成績【4-2-3-49】勝率6.9%、連対率10.3%、複勝率15.5%

2023年の優勝馬レモンポップをはじめ、過去10年で最多の4勝と相性は良いが、出走頭数も多いため、好走率としては低調な成績となっている。

今年は内枠から飛び出したヘリオスが逃げ、前半600m通過は35.8というペースで流れた。道中5番手の外を追走していた1番人気のエンペラーワケアが残り200mで先頭に躍り出るとそのまま突き抜け、後続に2馬身半差をつけて1:24.1の走破時計で快勝した。

シャマル(かきつばた記念に出走の可能性あり)はさきたま杯が競走中止、プロキオンSは除外となって以来、久しぶりの出走。3番手追走から直線は徐々に外へと持ち出すも7着だった。

8着アルファマム(現時点では除外対象)は、道中13番手追走から上がり最速35.1の末脚で追い込むも0.9秒差で敗れた。初のマイル戦がどうかだが、瞬発力だけならここに入ってもトップクラスのものがある。

13着タガノビューティーは、スタートで出遅れて最後方を追走。直線は大外に持ち出すも、展開が向かず末脚不発に終わった。ただ近走は1400mだと忙しく、マイルへの距離延長は歓迎だ。

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


東海S【データ:A メンバーレベル:C】

過去10年の成績【2-1-1-16】勝率10.0%、連対率15.0%、複勝率20.0%

2015年にコパノリッキー、2019年にインティが勝利している。しかし2020年以降は8頭が出走するも、すべて掲示板外と直近の成績は振るわない。

先行争いを制したバビットが逃げるも、向正面に入ると馬群がひとかたまりとなり、1000m通過は1:01.1。3角で後退していったバビットをかわしてウィリアムバローズが先頭、2番手にオメガギネスがつけた。直線はこの2頭の追い比べが続くも、差を詰めさせなかったウィリアムバローズが1馬身差をつけて勝利した。重馬場で勝ちタイムは1:49.2の決着だった。

2着オメガギネス(現時点では除外対象)は、終始ウィリアムバローズの半馬身外を追走するも届かず。それでも、2走前に不良馬場で行われたグリーンチャンネルCでは、1:34.3というタイムで後続に3馬身半差をつけて快勝した。その舞台の東京ダート1600mに戻るのはプラス材料と言える。

6着ペプチドナイルは、道中オメガギネスの1列後ろを追走するも、ゴール前では後続に差されてしまった内容から、パンチ不足の印象は否めない。

JBCスプリント【データ:B メンバーレベル:B】

過去10年の成績【0-1-0-2】勝率0.0%、連対率33.3%、複勝率33.3%

出走回数は少ないものの、2023年はレッドルゼルが3番人気で2着と上位に入っている。

激しい先行争いを制して逃げたラプタスのすぐ外2番手からレースを進めた兵庫所属のイグナイター。直線も5頭が横に広がる展開となるも、残り200mで先頭に立ち、大外から追い込んだリメイクに1馬身半差をつけて勝利。悲願のGⅠ級競走制覇を成し遂げた。

同馬は1600mの南部杯でレモンポップと2.0秒差の2着の実績があるが、交流重賞での勝利はいずれも1500m以下。ベストの条件とは言えないが、今回のメンバー構成であれば付け入る隙はある。

広告の後にも続きます

ⒸSPAIA(撮影:三木俊幸)


武蔵野S【データ:B メンバーレベル:C】

過去10年の成績【0-0-1-0】勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率100.0%

今回と同舞台の武蔵野Sからの参戦は2020年サンライズノヴァのみだが、3着と好走を果たしている。

スタートして勢いよく飛び出したメイショウウズマサが逃げる展開で、2番手ケイアイシェルビーもその直後を追走して息の入らないペースとなった。そうした中で5番手から運んだドライスタウトが外から突き抜け、1馬身3/4差つけた。勝ちタイムは1:35.2だった。

3着レッドルゼルはドバイゴールデンシャヒーン以来、久しぶりのレースとなった。スタート後ダッシュがつかず最後方を追走するが、かかり気味に11番手までポジションを押し上げ、直線はジワジワ伸びたが勝ち馬とは0.6秒差。それでも昨年のフェブラリーSでは2着と好走している。タイム面に限界はありそうだが、展開が向けば今年も上位への好走があっていい。

東京大賞典【データ:C メンバーレベル:A】

過去10年の成績【0-1-2-13】勝率0.0%、連対率6.3%、複勝率18.8%

年末の東京大賞典からは16頭が出走するも、勝利なし。それでも2023年はメイショウハリオが3着と好走した。

今年はJRAから7頭、地元南関東から2頭が参戦。大外枠からウィルソンテソーロが逃げる展開で1000m通過が1:03.8とスローペースになった。そうした展開の中、後方2番手からじっくりと運んだウシュバテソーロが直線大外から豪快に差し切り。勝ちタイム2:07.3での決着だった。

原優介騎手の好騎乗が光ったウィルソンテソーロだが、最後は地力の違いを見せつけられて2着。東京ダート1600mは条件戦時代に2戦2勝という成績から問題なし。今回は初騎乗となる松山弘平騎手に乗り替わりとなるが、近2走と比較すると相手関係が楽になる点はプラス材料だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル